長さ日本一(人道)・谷瀬の吊橋

2003年3月16日08時30分、息子の運転で茨木を出発、近畿自動車道・松原から、西名阪自動車道、柏原インターで降り、一般道で五条まで行き、後は168号線をひたすら南下、道路は空いていたので、10時30分頃谷瀬の吊橋に到着した。
この吊橋は日本一広い村・奈良県十津川村に有り、日本一長い(297.7m)人道吊橋である。

この日は雨が降っていたが風はなく、すこし小降りになったので渡り始める。怖いと聞いていたが、橋幅もかなりあり、出だしは大した事は無いと思った。

しかし左手で傘をさし、右手にカメラを持っているので、もしも大揺れした場合、横に走るロープにつかまる事が出来るのか、不安になる。
足元の横を見ると金網から54m下の川原が見え、あまり気持ちの良いものではない。
足元を見ると大きく開いた板のすきまから下が見える。ほかの人が渡りだすと結構ゆれる。
所々腐った板があったりして、もしもこの板が割れたら一巻の終わりかと思うと、怖くなってくる。
よたよた歩きながらも、なんとか対岸に到着。
振り向くと「危険ですから一度に20人以上は渡れません」との掲示が有った、出発点にはこの掲示が無かったけど、それでいいのかな。
対岸からほかの連中の渡りっぷりを観察、この日は雨のせいか、渡る人が少なくてすれ違いの恐怖感がなく、又風が無くて揺れが少なかったので、無茶苦茶怖がっている人はいなかった。風の強い時はすごくゆれるそうです。
この後同じ所を歩いて戻りました。

―終―

メニューに戻る