城跡探訪・大坂城

全ての画像はクリックで大きな画像(800×533)を表示します
極楽橋と天守閣
現在の天守閣は1931年築のSRC造です
天正11(1583)年、豊臣秀吉の天下統一事業の一環として、巨大城郭の建設が開始された。場所は大阪・上町台地の北端であり、戦国時代には城郭構えの堅固な石山本願寺が位置していた。城の三方は低地になって、本丸は上ににある。北の大地の下には淀川とその支流が流れていて、いずれも天然の堀の機能を果たす。当時すでに強大な権力を手中におさめていた秀吉は自らの城の天守が市中からくまなく望めるよう位置や街路まで工夫したという。
竣工まで約3年の歳月をかけて完成した、贅の限りを尽くした大坂城は、秀吉の権威の象徴として人々を圧倒した。
日本庭園と天守閣 しかし秀吉自身は、大坂城にはあまり居住することはなく、むしろ京都の聚楽第・伏見城などに拠ることが多かったという。京都は朝廷の所在地であって、天下の中心地であるとの認識だったのだろうか。秀吉は慶長3(1599)年に没するが、その後、遺児である秀頼が本丸入りをする。そして政治の実権を実質的に手中におさめた徳川家康が西の丸に入る。ここに、家康の天下取りの最終段階の舞台となり、大坂城は悲劇の城としての性格も運命づけられるのである。天下分け目の関ヶ原の戦いに勝利をおさめた家康によって慶長8(1603)年に江戸幕府が成立するが、豊臣秀頼は大坂城に拠って摂津国を治めていた。
「秀頼・淀殿ら自刃の地」の碑 しかし、慶長19(1614)年、亡き秀吉の遺志をついで建立を進めていた京都の方広寺の鐘銘に関して家康が、いいがかりともいえるような中止命令を出して秀頼とその母淀殿を挑発、そして、ここに大坂の陣の火蓋が切って落とされた。この年の冬の陣、そして夏の陣に至り、家康は容赦のない攻撃を加え続け、ついに秀頼と淀殿は自刃、豊臣家は滅亡する。


大阪城・北側の山里丸の一角に「秀頼・淀殿ら自刃の地」の石碑があります。
大坂城・本丸断面図 大阪の陣により大阪城は灰燼に帰した。その後、大坂は家康の外孫の松平忠明に下されるが、元和5(1619)年に幕府直轄領となった。翌年から秀忠によって再建が始まり、約9年の歳月を費やす大工事が行われた。新しい大阪城は、豊臣時代の大坂城の上に数メートルの盛土が行われたため、かっての遺構はすべて地中に埋められてしまい、天守の構造も全く異なるものとなった。現在の城跡で見ることができる遺構や二重の堀、石垣は、すべて江戸時代に再建された大坂城のものである。また、現在残っている大手門、多聞櫓、硝煙蔵、千貫櫓、乾櫓、一番櫓、六番櫓、金蔵、金明水井戸屋形などの遺構もすべて江戸時代のものである。 (日本文芸社発行・日本の城より抜粋)
豊臣大坂城石垣発見の地 しかし、昭和34(1959)年に大阪市などが行ったボーリング調査で、地下7.5mの位置に、高さが2.3m以上もある石垣が見つかり、のちに豊臣大坂城の石垣であると結論付けられました。その場所が左写真のマンホール状の物体の下にあたります。普段は閉じられていますが、前回の公開日に撮った写真を右に紹介します。せっかくの豊臣大坂城の遺構ですので、常に見られるようにすれば・・・と思っていましたら、先日、3年後をめどに施設を整備して常時公開に踏み切ると、橋下大阪市長から発表があったそうです。
豊臣大坂城の石垣
青屋門 青屋口は大阪城二の丸の北に位置する出入口で、青屋門はその枡形の内側に建つ。創建は徳川幕府よる大坂城再築工事が開始された元和6(1620)年頃と考えられ、明治維新の大火によって被災し、その後陸軍によって改築されたものの昭和20(1945)年の空襲で再び大破したが、昭和44(1969)年に大阪市が残材を用いて再建したのが現在の門である。外側はかっては水堀となっていて、橋が掛かっていた。この橋は押し出し引き入れ自在のいわゆる算盤橋で非常時以外は引き入れたままになっていた。青屋の名については、戦国時代この地にあった大坂(石山)本願寺の寺内町「青屋町」に由来すると考えられている。
金明水井戸屋形(重文) 大坂城の小天守台にある井戸を金明水といい、それを覆う面積11.55平方メートル、高さ5.2メートルの建物を金明水井戸屋形という。井戸は水面まで33メートル、井筒は一個の石をくり抜いたもので、外部の水流しは4枚の大石を組み合わせて敷き詰めている。伝説では豊臣秀吉が水の毒気を抜くために黄金を沈めたと言われているが、戦後の学術調査により、徳川幕府による大坂城再築工事にともない新たに掘られたもので、井戸屋形は寛永3(1624)年に創建されたもので、同じ年に築かれた天守が寛文5(1665)年に焼失した際にも類焼をまぬがれたことが判明した。なお江戸時代までこの井戸は黄金水と呼ばれ、本来の金明水は天守の東側、現在の排水池のあたりにあった。(天守閣・有料ゾーン内にあり)
金蔵(重文) 江戸時代、幕府の金貨、銀貨を保管した建物で、幕府直営の金庫としての役割を果たした。「かねぐら」「かなぐら」とも読む。宝暦元(1751)年、この場所から南に延びていた長屋状の建物を切断・改造して築造され、以来、北西側に以前からあった金蔵を元御金蔵、この金蔵を新御金蔵と呼んだ。高さは約58メートル、面積は93.11平方メートルで内部は大小2室からなり、手前の大きな部屋には通常の出納用、奥の小さな部屋には非常用の金銀を置いた。構造は防災と防犯に特にくふうがこらされ、床下は全て石敷き、入口は二重の土戸と鉄格子の三重構造、小窓は土戸と鉄格子、床下の通気口にも鉄格子がはめられている。
大阪城址の石碑 空堀 石山本願寺推定地の石碑
桜門(重文) 本丸の正門にあたる。徳川幕府による大坂城再築工事が行われていた寛永3(1626)年に創建されたが、慶応4(=明治元 1868)年に起きた明治維新の大火によって焼失し、明治20(1887)年に陸軍が再建し現在に至る。左右の塀も桜門再建に合わせて新築されたが、戦後に台風の被害を受けて倒壊し、昭和44(1969)年に復元されている。桜門の名称は豊臣秀吉が築いた大坂城以来のもので、当時二の丸に桜の馬場と呼ばれる場所があったことから、門付近にあった桜並木にちなんで命名されたと考えられる。
桜門枡形の巨石(蛸石) 桜門の内側には、本丸の正面入口を守るため、石垣で四角く囲われた「枡形」と呼ばれる区画が設けられ、上部に多聞櫓が建てられた。この枡形は、徳川幕府による大坂城再築工事の第2期工事が始まった寛永元(1624)年、備前岡山藩主池田忠雄の担当によって築かれ、石材は備前(岡山県)産の花崗岩が用いられている。正面の石は蛸石と呼ばれる城内第1位の巨石で、表面積がおよそ36畳敷(59.43平方メートル)、重量は約108トンと推定される。なお上部の多聞櫓は慶応4(=明治元 1868)年、明治維新の大火で焼失した。
大手門(重文) 城の正面を大手(追手・おって)といい、その入口を大手口(追手口)、設けられた門を大手門(追手門)と呼ぶ。現存する大坂城の大手門は寛永5(1628)年、徳川幕府による大坂城再築のさいに創建された。正面左右の親柱の間に屋根を乗せ、親柱それぞれの背後に立つ控柱との間にも屋根を乗せた高麗門形式である。屋根は本瓦葺で、扉や親柱を黒塗総鉄板張とする。開口部の幅は5.5メートル、高さは約7.1メートル。親柱・控柱の下部はその後の腐食により根継がほどこされている。門の左右に接続する大手門北方壁・大手門南方壁も重要文化財に指定されている。
大手口枡形の巨石 枡形とは城の主要な出入口に設けられた四角い区画のことで、敵の侵入を食い止める役割を果たした。築城技術の進歩にともなって強固な石垣造りのものがあらわれ、大坂城の大手口枡形では城の威容を誇示する巨石が数多く使用されている。大手門をくぐって正面に位置する大手見付石は表面積が約29畳敷(47.98平方メートル)で城内第4位、左の大手二番石は約23畳敷(37.90平方メートル)で第5位、いずれも採石地は瀬戸内海の小豆島と推定されている。これらの石垣は徳川将軍の命令を受けた諸大名が分担して築いた。この箇所は当初肥後熊本藩主加藤忠弘が築き、のちに筑後久留米藩主有馬豊氏が改築した。
大手口多聞櫓(重文) 大手口枡形の石垣の上に立つ櫓で、大門の上をまたぐ渡櫓とその右側に直角に折れて接続する続櫓によって構成される。徳川幕府による大坂城再築工事により寛永5(1628)年に創建されたが、天明3(1783)年の落雷によって全焼し、嘉永元(1848)年に再建された。土塁や石垣の上に築かれた長屋状の建物を一般に多聞と呼ぶが、その名称は戦国時代の武将松永久秀が大和国(今の奈良県)の多聞城でこうした形式の櫓を初めて築いたことに由来するといわれる。現存する多聞櫓のなかでもこの多聞櫓は最大規模で高さは約14.7メートル、建築総面積は約710.25平方メートルある。渡櫓内部には70畳を最大とする部屋が4室、続櫓内部には廊下のほか9.12.15畳の部屋が6室あって多数の兵や武器をたくわえることができた。
千貫櫓(重文) 西の丸庭園の西南隅に建つ二層の隅櫓で、大坂城の正門・大手門を側面から防御する重要な位置を占める。多聞櫓(右側)とは土塀で連結している。千貫の名称は、その昔この地にあった石山本願寺を織田信長が攻めたとき、この付近にあった櫓が難攻不落で「あの櫓を落とした者には千貫文与えても惜しくはない」と話していたことからその櫓を千貫櫓と呼ぶようになり、その後も大手の守りの要となる重要なこの付近の櫓にその名が引き継がれたとされている。徳川幕府の大坂城再築の元和6(1620)年、桂離宮などの設計で知られる小堀遠州によって創建された。城内では乾櫓とともに最も古い建造物である。内部は1・2階とも武者走りと呼ばれる回廊がとりまき、その内側に4室ずつ天井板張りの部屋がある。
乾櫓(重文) 慶長20(元和元 1615)年に起きた大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼし、大坂城を落城させた徳川幕府は、4年後の元和5(1619)年に大坂を幕府直轄としました。時の将軍徳川秀忠は同時に大坂城を根本から築き直すことを決め、翌元和6(1620)年に工事が始まりました。つまりこの櫓は徳川幕府による築城の最初の年にに築かれたもので、大手口の北に建つ千貫櫓と並び、現在大阪城に残る古建築物のうちでも最古となるそうです。
この櫓はL字形をしている上に、1階と2階がいずれも186.23平方メートルと同じ広さになっています。これは大阪城内の他の櫓にはみられない珍しい構造とのことで、窓は北面と西面を中心に26ヶ所、鉄砲狭間は16ヶ所(しっくいが塗りこまれていて外からは見えない)石落としは4ヶ所となっている.。
焔硝蔵(重文) 徳川幕府が、鉄砲や大砲に使用する焔硝(火薬)を保管した蔵で、現在の焔硝蔵は貞享2(1685)年に建造されたもの。焔硝蔵はそれ以前にも城内数か所あったが、青屋口にあった土蔵造りの焔硝蔵は万治3(1660)年に落雷を受けて大爆発を起こし、また別の場所にあった半地下式の焔硝蔵も部材の腐食よる建て直しがたびたびなされるなど、幕府は焔硝の有効な保管方法に苦慮していた。そうした課題を克服すべえく、この焔硝蔵では耐火・耐久・防水に特に工夫がこらされ、床・壁・天井・梁をすべて花崗岩とし、石壁の厚さは約2.4メートル屋根の下は土で固められている。面積は約171.9平方メートル、高さは約5.4メートルでこうした石造りの火薬庫はわが国では他に例がない。
六番櫓(重文) 二の丸南側の石垣上には、2層2階でほば同規模の隅櫓が東から西へ一番から七番まで建っていた。この櫓は最東から六番目であることから「六番櫓」という。外側にあたる南面と西面に石落としを1ヶ所ずつ設け、窓は外側を中心に26、鉄砲やや矢を放つ狭間も多数あけられ、外敵に備えた堅固なつくりをなしている。創建は徳川幕府による大坂城再築工事の最終段階にあたる寛永5(1628)年で、上層の破風を飾る東西の懸魚のうち、西側の懸魚の裏側に寛永五暦辰拾月吉日と書かれている。面積は1階が224.16平方メートル、2階が133.43平方メートル、高さが15.4メートルである。
一番櫓(重文) 二の丸南側の石垣上の、この櫓は最も東に位置することから「一番櫓」という。外側にある東面と南面を中心に窓が16あるほか、鉄砲や矢を放つ狭間も多数あけられ、玉造口に攻め入る敵を側面から一斉に迎撃することができた。東面には石垣を登ろうとする敵を撃退する石落しも設けられている。創建は徳川幕府による大坂城再築工事の最終段階にあたる寛永5(1668)年と考えられ、戦後の解体修理の際に発見された部材の墨書銘により、創建後の主な修復は3度行われたと推定される。面積は1階が約167.98平方メートル、2階が96.31平方メートル、高さは14.3メートルである、なお一番から七番までの櫓のうち、現存するのはこの一番櫓と六番櫓のみである。
徳川時代の大坂城縄張り図(日本城郭体系第12巻より) 現在の大阪城
極楽端 秀頼自刃地の碑 金明水井戸 金蔵
焔硝蔵 乾櫓 豊臣石垣 日本庭園
千貫櫓 大手門 多聞櫓 巨石群
城址碑 桜門 蛸石 空堀
六番櫓 西本願寺址 一番櫓
マップ・交通アクセス・駐車場などは大阪城公園のHPをご覧下さい。

 メニューに戻る