丹波篠山を行く

2007年6月27日、篠山玉水ゆり園を訪れた際に城下町・篠山を歩いてみました。
大正ロマン館
 
大正12(1923)年に旧篠山町役場として落成。屋上の火の見櫓が特徴の建物。
現在は、篠山の観光案内所・休憩所・レストラン・みやげ物販売所として再利用
されています。篠山市内の観光は、ここで観光マップをもらい、トイレに寄ってか
ら出発しよう。 神姫バス二階町バス停から南へ約60m 地図
 
篠山城跡

別名桐ヶ城と呼ぶこの城は、築城家の第一人者、藤堂高虎の縄張りで行なわれた平山城で、方形約400mの小規模なものであるが、要所には2重の枡形や、2重・3重の櫓を配した堅固なものだったそうです。後に建物は全て取り壊されたが、復元された大書院や石垣などの城郭遺構はほぼ昔のままの姿をとどめているそうです。
篠山城大書院

大規模な木造平屋建築で、昭和19(1944)年に焼失したそうですが、半世紀後に復元されました。一大名の書院としては破格とも言える規模と正統的な構えをもっています。

▲月曜日休館(祝祭日は開館、翌日休館)
▲開館時間 9:00〜16:30
▲入館料 400円
お徒士町通り 武家屋敷郡

慶長14(1609)年に篠山城が完成し、同時に城下の町割りが行なわれた。お徒士町通りはその時に、城の西側の外濠にそってつけられた南北の通りで、ここに徒士を住まわせました。天保元(1830)年の火災によって大部分の建物は焼失しましたが、今なお残る十数戸のお徒士衆の住宅は、天保の火災後、ほどなく建てられたものだそうです。
武家屋敷 安間家資料館

安間家は篠山藩主青山氏の家臣で、篠山藩の標準的な徒士住宅。内部には安間家に残された文書・食器・家具をはじめ篠山藩ゆかりの武具が展示されています。

▲月曜日休館(祝祭日は開館、翌日休館)
▲開館時間 9:00〜16:30
▲入館料200円
小林家 長屋門

茅葺入母屋造りで文化年間(1805)年頃、篠山藩主青山下野忠裕(ただやす)が、老女小林千衛のために改築した長屋門との事。城の西堀に面して風光と展望の良い物見の間に見晴らし窓を設け、南に曲がり家を取りつけた住宅兼用の独特な長屋門形式が創建当初の姿を残しています。

間口 17.3m  奥行 3.6m
誓願寺


篠山城築城と同時に八上城(高城山)周辺の神社・仏閣は新城下に移築し、いわば、城下の都市計画の一環として寺院も配置されたそうです。誓願寺もこの時、八上城誓願寺谷から現在のところに移された寺です。
この山門は、一間一戸重層屋根入母屋造り、本瓦葺きの四脚門で、本堂とともに室町後期の様式を残し、釘は一本も使わず、組み合わせ工法で建てられたものだそうです。
青山歴史村

青山歴史村には、長屋門をはじめ、全国的にもほとんど残存されていないとされている漢学書関係の版木1223枚、篠山城石垣修理伺いの図面、藩制始末略、印判、狩野派の絵など、江戸期の歴史と文化の素顔に触れて学べる史料を数々展示しています。

▲月曜日休館(祝祭日は開館、翌日休館)
▲開館時間 9:00〜16:30
▲入館料 300円
歴史美術館

明治24(1891)年に篠山地方裁判所として建てられ、昭和56(1981)年まで
使用されてきた我が国で最も古い木造の裁判所の建物を、重要建築物とし
て永久保存するため、美術館にふさわしく内部を改築したものだそうです。
館内には古くから城下に伝わる美術品をはじめ、江戸時代末期に篠山藩窯
として開窯した王地山焼の名品の数々、さらに古代からの埋蔵文化財を一
堂に集めて展示されています。

▲月曜日休館(祝祭日は開館、翌日休館)  ▲開館時間 9:00〜16:30
▲入館料 300円
 
丹波杜氏酒造記念館

古くから丹波篠山地方は酒造りの町として知られ、最盛期には五千有余の人々が灘五郷を始めとした全国各地、遠くは中国・満州まで酒造りに出ていました。酒造技術の近代化により失われつつある各種の酒造用具や資料を収集し、昔の酒造りの工程を中心に展示されています。

▲年中無休
▲開館時間 10:00〜16:00
▲入館料 100円
河原町妻入商家郡

旧街道の面影を残す河原町は、築城後まもなく町造りがはじめられ、城下町篠山の商業の中心として大変栄えました。
家並みは、妻入商家に代表される5〜8mほどの狭い間口ですが、奥行きは大半が40m以上と深く、表構えの大戸、千本格子や荒格子、中二階の出格子、ムシコ窓、袖壁、うだつ等が残り、往時の姿を今に伝えています。
丹波古陶館

丹波焼の創世期から江戸時代末期までの約700年間に作られた代表的な品々を、年代・形・釉薬・装飾などに分類して展示されています。

▲月曜日休館(祝祭日は開館)
▲開館時間 9:00〜17:00
▲入館料 能楽資料館との共通入館券 700円
能楽資料館

藩政時代から篠山地方に伝わる能楽の資料はもとより、中世から近世にかけての能面、装束、楽器など貴重な品々の収集研究目的とし、歴史的美術工芸品的な視点を中心に展示されています。

▲月曜日休館(祝祭日は開館)
▲開館時間 9:00〜17:00
▲入館料 丹波古陶館との共通入館券 700円
問い合わせ:篠山口観光案内所 TEL 079-590-2060  篠山観光案内所 TEL 079-552-3380
交通:電車=JR大阪駅より福知山線「篠山口駅」下車、神姫バスにて約20分
   自動車=舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」または国道176・372・173号線利用
メニューに戻る