城跡探訪・丹波亀山城(亀岡城)

JR亀岡駅前から南へ少し歩くと、かっては丹波亀山城の濠であったという南郷池につきあたる。

池に沿って西に歩を進め、池の西端を南方に曲がり込むと、低い石垣の傍らに案内板が立っています。
それによりますと「亀山城跡は、現在、(宗)大本の境内地となっています。明智光秀が、ここから兵を進めた本能寺の変は、あまりにも有名・・・」、そして最後には、「受付申込みで城址の一部が見学できます」と記されています。
駅の観光案内所で頂いた地図を頼りに正門に向かいます。
正門前に到着しました。表札?には「おほもと」と記されており、このまま入っても良いのか躊躇しましたが、横手の立看板に「神域につき 犬の散歩を ご遠慮下さい 大本本部」と記されています。

私は犬など連れていませんので、臆することなく足を踏み入れます。
上の地図の正門から入り、「みろく会館」の受付で城址見学を申し出ると、「万祥殿」で御払いを受けてから、奥に進んでください・禁足地には絶対に立入らないで下さい等の説明がありました。かっては城の内堀の一部であったと思われる池を見ながら、万祥殿に向かい「御払い」を受けた後、いよいよ城跡の見学です。
丹波亀山城
藩名の亀山が、三重県の亀山と紛らわしいため、「亀岡」と改称されたのは明治2(1869)年6月のこと。その亀山の地に城が築かれた年代は明らかではないが、中世亀山城(荒塚城)は存在していた。
天正3(1575)年、織田信長の丹波平定のさい、明智光秀が大将となって八上城(兵庫県)の波多野秀治を攻めた。その功績が認められ、平定後、信長から当地方を与えられて亀山の地に入り、一年半ばかりかけて荒塚城を拡張して入城した。同6年のことで、光秀は入城と同時に付近の社寺を破却して、その木材や石材を城に運び、新築同様に修築した。城の前面に東西1500m、南北800mの町並みを作り、民政に力を注いだといわれる。同10年、中国地方出陣の鉾先を本能寺に変え信長を討ったことから、天下の逆臣の汚名を受けているが、丹波における光秀の評価は高く、民衆は光秀の死後もひそかに霊を祭祀していたという。
光秀後の城主はめまぐるしく交代する。天正14(1586)年より羽柴秀勝、文禄2(1593)年には小早川秀秋が、それぞれ入城した。秀秋は3層だった天守閣を5層に改めた。その後城は、石田三成、前田玄以等の管理下となる。関ヶ原合戦後は北条安房守が城代として入城するなど城主不在の期間もあったが、慶長14(1609)年に岡部長盛が3万2千石をもって入城して立藩した。以後は松平、菅沼、久世、井上、青山とつづいて寛延元(1748)年に松平信岑が入城して明治に至った。
明治を迎えた亀岡城は、同10(1877)年、廃城令により5層の天守閣は解体されてその威容は姿をけした。その後、城跡は大本教に移管されたが、皇室に対する「反逆」という、あらぬ疑いをかけられ、大正11(1922)年と昭和10年の二回にわたる政府の大弾圧でダイナマイトまで使って徹底的に破壊された。その後、大本教団の信徒達の手によって石塁などが復元され、今日に至っている。

参考文献:日本の名城・古城事典(TBSブリタニカ)
当時の本丸入口の場所
奥に天主台が見えてきました
亀山城の井戸跡とされる石組み
大名達が残した刻印
復元された天主台石垣(下三段程は亀山城破却前の石垣) 
在りし日の「名城・亀山城図」
(大本教祖・出口王任三郎師が画友であった井内画伯に依頼したもの)
(大本発行の「大本と丹波亀山城跡」のパンフレットより転載)
丹波亀山城の「城跡碑」は、どうやら聖域内にあるようで、残念ながら目にすることは出来ませんでした。



訪問日 2013年1月30日
2014年11月8日

他の件で訪れた亀岡ですが、駅前から「南郷池」にさしかかった所で石碑を見つけました。この石碑は見覚えがありましたが、下草が茂っていて「明智光秀公築城」辺りまでしか読めなかったので、城跡碑では無いと勝手に思い込んでいました。

今回は下草が刈られて綺麗に下まで読める状態でしたので、城跡碑であることが確認できました。

ちなみに裏側の文字を確認したところ、平成十三年六月吉日となっており、明智光秀公顕彰会創?・・・
の文字が読み取れました。
丹波亀山城跡
 
所在地 京都府亀岡市荒塚町内丸1
交通 JR山陰線・亀岡駅下車
 

メニューに戻る