城跡探訪・舞鶴田辺城

 田辺城は舞鶴城とも称され、その築城は戦国群雄のなかで知将であり歌聖といわれた細川藤孝(幽斎)が、天正八年(1580)八月、織田信長より丹後国をあてがわれ、子忠興とともに縄張りしたことに始まり、天正十年代に完成したといわれている。これ以後、田辺城は細川・京極・牧野氏の居城として約290年間、領内統治の中心的存在でしたが、明治六年(1873)に廃城となりました。

 田辺(舞鶴)城は西舞鶴盆地のほぼ中央にあったが、築城当時は東方だけが田畑続きで、南は池内川および丹波川、さらに女布川や高野川が合流して広大な沼沢地をなしており、それらの諸川がまた一筋の大川となって西方の西舞鶴湾に流入していた。その点で、まさに守るに安く攻むるに難い地であり、城内も多くの堀と石垣や土塁がめぐらされた頑強な城であったようである。

←田辺城・城郭推定図
(左図で水色は堀、灰色が石垣・土塁を表しています)
 遺構と云えるものとしては↓本丸・二の丸の石垣/天守台の石垣↑/心種園↓位のものでした。 
本丸の石垣 心種園
昭和15年(1940)に隅櫓が復元され
平成4年(1992)に城門が復元され  城跡は舞鶴公園として整備されました
舞鶴市田辺城資料館

城門の二階は「田辺城資料館」となっていて、細川幽斎の生涯をビデオで、また293年間の田辺城の歴史をパネルや模型で紹介、また城下町のにぎわいを復元した街並み模型も展示されています。
ちょっと太めの細川幽斎像や 発掘調査時の写真などもある
城内より望む隅櫓(彰古館) 二階には「田辺城復元模型」などがある
本丸井戸跡

この復元した井戸跡は、背後の本丸石垣に半円形の凹みがあった場所を発掘調査によって確認したもので直径0.9mの樋を転用した井戸が見つかりました。井戸跡からは細川氏・京極氏が城主だった頃の瓦や陶磁器のほか魚や動物の骨なども見つかり、城内での食生活の一端を窺いしることが出来ました。井戸は、京極氏の時代に使われなくなって埋められ、その上から区画の石列が見つかったことから屋敷地として利用されたようです。

 現場解説板より
土塁址

城内の堀が全て埋められたため、一部の石垣や土塁の高さがあまり感じられませんが、堀があった場所を確認することが出来ます。
心種園に向う途中に「舞鶴城址」の石碑(歌碑?)がありましたが歌詞が読めません
田辺籠城と古今伝授

 関ヶ原合戦の前哨戦として、石田三成方1万五千人の軍勢が東方についた田辺城を攻めました。細川忠興率いる主力軍三千程が関ヶ原で戦い、豊後の国・杵築城では一千の兵が戦うなど、この時期細川家は四つの戦線で戦っていました。そのため幽斎の軍勢はわずか五百人程度で、峰山、宮津の城を焼き払い田辺城に籠城しました。

 細川幽斎は、数多くの学術芸能に精通した当代髄一の文化人でした。特に幽斎は、古今和歌集の秘事口伝の伝承者であったため、田辺城に籠城した幽斎が万一討死にすれば、歌道の奥義が廃絶することを憂慮した後陽成天皇は、勅使を送り幽斎に開城を勧めました。
 しかし幽斎は固辞し、勅使に古今伝授の秘伝書と「いにしへも今もかはらぬ世の中にこころの種を残す言の葉」という和歌一通を託しました。この秘伝書を伝えた場所が、この古今伝授の松の下「心種園碑」が建っているところと伝えられたいます。九月に入り朝廷は、田辺城を囲む西軍の陣に勅使をつかわして両軍に和議を命じ、五十余日にわたる田辺籠城戦は幕をおろした。


















城跡を後にして付近をぶらついてみました 一部外堀が残っていました(最初の地図の左側の外堀)
すぐ近くの明倫小学校の外塀 牧野時代の藩校・明倫館の校門が今も用いられている
 舞鶴田辺城跡

 所在地:舞鶴市字南田辺15-22

 TEL :0773-76-7211


メニューに戻る