(国指定重要文化財)
大阪城・多聞櫓&千貫櫓の内部
 
2011年11月7日

大阪城菊・祭典に訪れた際、多聞櫓をくぐったところで、右のような案内旗を見つけました。
これ幸いとばかりにチケットを購入(200円)して櫓の入口に向かいます。
多聞櫓(たもんやぐら)は大阪城の南西に位置する大手門を入った所にあり、櫓門を持つ渡櫓と続櫓がL字状に接続された構造となっています。
この櫓は寛永5(1628)年、徳川幕府による大坂城再築工事によって建造されましたが、天明3(1783)年に落雷のため焼失しました。その後しばらく石垣だけの状態が続いていたそうですが、幕末に行われた大坂城総修復工事によって嘉永元(1848)年に再建され、その後の明治維新の大火や第2次大戦(太平洋戦争)の空襲にも奇跡的に焼失をまぬがれ、現在に至っています。{昭和44(1969)年に解体修復工事}
多聞櫓の入口は続櫓の側面(石垣側)にありました。

入口から渡櫓に向かって真直ぐに武者走り(廊下)、枡形側には銃眼を備えた笠石が17個並び、反対側には9.畳〜12畳の計6部屋が並んでいますが、どの部屋も奥行きが短く横に長い部屋となっています。これらの部屋は、いざ戦いというときに兵士達が籠城して寝泊りするためにつくられたものです。つまり多聞櫓は大手口を防衛する兵士達が詰めた所であったようです。

続櫓の突き当たりを左に折れると渡櫓です。

渡櫓の内部は4室からなり、中央には約70畳敷の部屋があり、南側には櫓門を通る敵を攻撃する「槍落とし」の装置を備えるなど、続櫓と共に大手口を守る様々な工夫がこらされています。また外観から想像される以上に内部が広く、兵士が多数駐屯できるようになっています。

この日は、70畳敷の部屋には「櫓解体修復遺品」が展示されていました。
「槍落とし」は櫓門から敵が侵入する際に、ここから槍や石を落として攻撃するためにつくられました。

櫓門をくぐる人の足が見えています。→
多聞櫓の内部見学が終わると次は千貫櫓へ向かいます。両櫓の位置関係は右写真のようになっていて、多聞櫓から千貫櫓に続く白壁の城内側を歩いて移動します。
写真では分かり難いかもしれませんが壁に小さな穴があいているのが銃眼で、弓矢の時代には狭間(はざま)と云われていたそうです。
千貫櫓(せんがんやぐら)
徳川幕府による大坂城再築工事は元和6(1620)年に、当時の将軍徳川秀忠が石垣築造への動員を西国・北国諸大名に命じて始められました。建物で一番最初に棟上が行われた、この櫓は大手口を北側から守る隅櫓で、西・南側は西外堀に面しています。石落としは南面と西面に各1つ、入口は東面と北面に各1つ、窓や銃眼はいずれも外側にあります。内部は1.・2階とも内室と周囲の武者走り(廊下)とからなっています。{昭和36(1961)年、解体修復工事}。
千貫櫓の歴史は、豊臣時代、さらにそれ以前の大坂(石山)本願寺の時代にまでさかのぼり、本願寺と織田信長との間で戦われた石山合戦の時、この櫓を攻めあぐねていた信長軍が「千貫分の賞金を出してでも奪いたい櫓だ」と語り合ったと「武功雑記」という江戸時代の戦記は伝えていて「千貫櫓」の名はこれに由来するといわれているそうです。

なお、この櫓は他の櫓には無い唐破風を持ち、格式の高さを表しているそうです。
訪問日 2011年11月7日
多聞櫓   千貫櫓   
所在地 大阪市中央区大阪城1番1号
内部公開日 内部公開日は不定期です。
      

メニューへ戻る