城跡探訪・多聞城

2012年8月10日

近畿日本鉄道・奈良駅から多聞城を目指して北方向に歩きます。奈良市内の道路の交差点には、充実した案内標識が設けられていますので、迷うことなく佐保山が望める所までやってきました。往時は多聞城・天守閣が、この山頂で威容を誇っていたことでしょう。
なだらかな坂道を上っていくと、若草中学校の校門に行き当たります。さすがに多聞城跡に建った学校です、石垣上に白壁の長屋を乗せた多聞櫓状の門塀が出迎えてくれます。この形式の櫓は、この多聞城で初めて設けられたもので、これ以後に築城された多くの城郭に設けられました。
正門奥の階段を上った所には若草中学校の校舎があり、多聞城跡の石碑は階段の右下に見えています。
しかし、門扉は開いていますが、勝手に校内に入り込んで良いものかと迷いましたが、インターホンなどはなく、夏休み中の夕刻だから良いだろう・・・校内に立ち入り、城跡碑だけを撮らせていただきました。
多聞城

 奈良の市街地の北に接した佐保山丘陵の東南隅にあり、現在、主要部は若草中学校、西部は仁正皇后陵・聖武天皇陵となっている。
 この丘上には、もと眉間寺があったが、松永久秀の築城時に聖武天皇陵の西側に移され、明治維新の際、廃寺となった。
 松永久秀は阿波の三好氏に仕え、三好長慶に重用されて長慶の京畿支配を支えた。
 永禄2(1559)年8月、久秀は大和に入って筒井順慶らの国衆を追い、8月8日、信貴山城を改修して居城とし、以後、大和を事実上の領国にし、長慶政権下の最大の実力者として台頭した。
 久秀は南都(奈良)を完全に掌中に収めるため、多聞城を築城し本城として用い、信貴山城も河内への出撃拠点として合わせ用いた。
 多聞城の築城の年については、宣教師ルイス・アルメイダの永禄8(1565)年の通信文に、「当城は工事を始めてから5年にもなる」と書いていることから、永禄3(1560)年説が有力である。多聞城を訪れた宣教師は、城内に多数の塔(櫓のことか)や塁堡(多聞のことか)、多くの階を重ねて倉庫を付属した家が建ち並び、城壁と塁堡は白壁塗りで、御殿の内部は彫刻・壁画・金地で飾られた豪華なものであったと様子を報告している。
 永禄11(1568)年、織田信長が足利義昭を奉じて入京すると、久秀はいち早くその軍門に降ったが、信長の石山本願寺攻め際に久秀が反旗を翻したため、信長軍に攻められ多聞城を明け渡す。以後多聞城には城番として明智光秀、次いで柴田勝家が兵を置いたが、天正4(1576)年に廃城となり、破城の工事は長く続いた。
城跡は近世、丘腹が南都奉行所の与力・同心の屋敷が建ち、丘上の郭幕末に練兵場に用いられたこともあったが、地形はほぼ往時の姿を近代まで伝えていた。ところが昭和23(1948)年に若草中学校が建設されて大部分が整地され、わずかに北縁に残っていた土塁も昭和53(1978)年に校舎新築のため破壊された。
二度の校舎建設時の調査で、丘上は元来、平坦で築城時にあまり大規模な削平工事はなかったとみられている。
しかし、おびただしい量の石塔類を投入して、暗渠の排水溝を縦横に設け、盛り土の土塁の基底部の地固めに石塔を並べ、その上層に瓦敷きを設けていた。建物跡には基礎として用いた石造遺物類の列が検出されているが、遺存状態が悪く、建造物の規模はわかっていない。

「日本城郭体系10」より抜粋
多聞城跡
所在地 奈良市法蓮町
交通 近鉄奈良駅より徒歩約20分
地図のマーカーは城跡碑の位置です

メニューに戻る