天空の城「竹田城跡」と城崎温泉


2016年5月11日

元勤務先のOB・OG達と”天空の城「竹田城跡」と城崎温泉 但馬四季ご膳”という読売旅行社の日帰旅行に参加した。伊丹空港を09:05に出発した日本エアコミュータ−2321便は、約40分後にコウノトリ但馬空港に到着する。ここからは小型観光バスにて約1時間後に「竹田城跡」駐車場に到着し、約700mの上り坂を歩いて竹田城跡の入口に到着する。
受付小屋の壁に張られた「雲海に浮かぶ竹田城跡」の写真を発見!
 
この写真は対面の山中から撮られたもので、季節・時間など様々な条件が揃わないと撮れないようです
 
入口横の石段を上ると立派な石垣が・・・
 
石垣越に下の町が望めます
 
高櫓台
 
天守台が見えてきました
 
天守台への上り口
 
天守台の上
 
竹田城の歴史

 嘉吉元年(1441)、嘉吉の乱勃発後、山名氏と赤松氏間に深刻な対立が生じていました。竹田城はこの時、赤松氏に対する山名氏方の最前線基地の一つとして築城されました。

 以後、太田垣氏七代にわたり城主となりますが、天正五年(1577)、羽柴(豊臣)秀吉の但馬攻めにより、羽柴秀長が城代となりました。それ以降、竹田城は織田・豊臣方の拠点城郭として機能しました。

 天正八年(1580)、羽柴秀長は出石・有子山城に入り、その後は秀長の属将・桑山重春に預けられました。さらに天正十三年(1585、茂山重春が紀伊和歌山城代に転じると、赤松氏が城主となりました。)
天守台から望む三の丸・北千畳方面
 
 竹田城は、播磨・丹波・但馬の交通城の要地に築城されました。築城当初の姿は不明な点が多いが、石垣遺構周辺に存在する曲輪から判断しますと、現代の本丸・天守台の存在する山頂部から三方に延びる尾根上に曲輪を連続的に配置し、堀切や竪堀で防御性を高めていたものと思われます。
 一方、織・豊期以降の竹田城は、最高所の天守台(標高353.7m)をほぼ中心に置く石垣城郭となり、本丸以下南方には南二の丸、南千畳が、北方には、二の丸、三の丸、北千畳を築いています。さらに天守台の北西部には花屋敷と称する曲輪があります。ここは主郭の中でも搦め手位置にあるため、南北には、向かいあった石垣を築き、防御性を高めています。これらの石垣遺構周辺には、多くの石取場が確認されています。大竪堀や登り石垣なども確認され、倭城の築城形態に倣った作りとなっています。なお、竹田城の規模は、南北約400m、東西約100mを測り、今もなお当時の威容を誇っています。

竹田城のパンフレットより転載
天守台から望む南千畳方面
 
天守台は一番の高所にある
 
天守台・石垣の算木積み
 

算木積(さんぎづみ)とは、石垣の出角部分において、長方体の石の長辺と短辺を交互に重ねて積んでいく技法です。これにより石垣の強度が増し、崩れにくくなります。
竹田城では天守・本丸・北千畳など多くの場所で算木積を確認することが出来ます。
この後はバスに戻り、昼食会場へ向かいます。

会場は「但馬・楽座」という所で「二段重の但馬四季ご膳」をいただきました。天ぷら・刺身」・牛炙り丼・焼肴・焚き合わせ等、かなりのボリュウムがある「ごちそう」で、完食は出来ませんでした。

この後、バスは城崎温泉へと向かいます。
天守台を望む南千畳
 
さとの湯
 
駅前通
 
地蔵湯
 
柳湯
 
一の湯
 
御所の湯
 
鴻の湯
 
大谿川
 
城崎温泉・七湯めぐりの六湯までは到達できましたが、「まんだら湯」がなかなか見つかりません、地図の見方が悪かったのですが、このツアーでの城崎温泉滞在時間が1時間強しか無かったため、バスに乗り遅れては・・・と思い、駅前に戻りました。「竹田城跡」も、そうでしたが、写真を撮り歩く身としては、もう少し時間が欲しいと思いましたが、これだけの旅行が、わずか1万を切る9980円とは驚きです。
往復の航空運賃・一日中貸切の観光バス代・並でない昼食代を合計して1万円を切る料金で利益が出るのかな?心配してしまいます。



なお「竹田城跡」については、後日「城跡探訪」で、もう少し詳しく紹介したいと思っていますので、そちらも宜しくお願い致します。
メニューに戻る