城跡探訪・高槻城

阪急電鉄京都線の高槻市駅から、城北通りを南下して高槻城跡に向かいます。
しろあと歴史館

所在地:高槻市城内町1-17 地図
開館時間:10時〜17時
休館日:月曜日。祝日の翌日、年末年始
入館料:無料  駐車場:10台(無料)
TEL:072-673-3987


まずは、ここで高槻城の勉強です。
高槻城
平安時代中期に、近藤忠範が居館を築いたのが始まり。南北朝時代には駿河国の入江氏が入城し、足利尊氏の命でこの地を領した。後年、たびたび城主が代わる中、1573年にキリシタン大名で知られる高山右近が城内に町家をとりこんだ堅固な城郭を築く。1640年に永井直清が入城以来、同氏一族が明治まで13代230年にわたり居城。

←(館内展示・幕末の高槻城絵図)
館内には石垣の一部が再現されていましたが、右下の石一個とその上の石2個の計3個が、実際に城跡から出土したものだそうです。

この歴史館の2階に「しろあと探訪」ガイドマップが置かれていましたので、それを片手に探訪開始です。
さすがに城跡に建てられた建造物です。
高槻市教育センターから高槻第一中学校にかけて、こんな重厚な石垣塀が続きます。
高槻第一中学校の正門は、石垣・白塀・黒瓦がなんとなく城を連想させてくれます。
 
高槻一中の石垣が終る辺りの西側に「高槻城跡碑」があります

明治7(1874)年の鉄道敷設に伴って高槻城は破却されました。城郭の石垣はほとんどが鉄道敷設資材として使用されてしまったそうで、残るは「しろあと歴史館」にある3個だけだそうです。
 
城跡碑の東側には、古い赤レンガの門柱とコンクリート造りの物体がある。
これは、元工兵第四聯隊(中部第29部隊)の営門と門衛所です。兵舎は明治42年から昭和20年まで存在していたそうですが、現在は改築されて学校、公園などに利用されているそうです。
高山右近像

戦国末期の高槻城主でキリシタン大名でもあった右近は、天文21(1552)年頃に、摂津高山(現豊能郡豊野町)生まれたとされている。 永禄7(1564)年、父の居城沢城(奈良県宇陀郡榛原町)で洗礼をうける。 元亀4(1573)年、高槻城主となる。 天正2(1574)年、右近は城の側に壮麗な教会堂を建て、キリスト教の伝道に努める。 天正10(1582)年の本能寺の変後の山崎の合戦では、秀吉に仕え功績を挙げる。 天正13(1585)年、右近は明石へ移封され、高槻城主であったのは12年間でした。 その後、秀吉がバテレン追放令を発するが、右近は改宗を拒否し領地を没収される。 慶長19(1614)年、禁教令だした徳川幕府により国外追放処分となり、マニラ到着後約40日後に熱病で没する。
高槻城東大手門跡

ここは高槻城内(三ノ丸)への最も重要な出入り口であった東大手にあたる。
門の内には家老や郡奉行などの屋敷が並び、参勤交代などで江戸や京都に向かうときは、供揃えをして、ここから出門したそうである。
高槻市立槻の木高等学校

高槻城・本丸の天守閣は、この学校の校庭辺りにあったそうで、1976年の体育館建設の事前調査で発見された当時の台石(石垣の地下部分を構成していた)が校内の東側通用門?側に展示されています。
koutei
寺町の界隈
城の北東に位置する理安寺(りあんじ)・光松寺(こうしょうじ)・本行寺(ほんぎょうじ)辺りは「寺町筋」「寺之前町」と呼ばれ、今も当時の様子を伝えている。

その本行寺の表門は旧高槻城内の高麗門が使用されています。↓
思案石

本行寺のすぐ横の歩道に何やら自然石が埋め込まれています。
昔この辺りは城の堀があって、近くに寺があることから、堀に飛び込もうとする自殺志望者が多く訪れ、その人達がこの石に腰かけて、決行か否かを思案をしたそうです。
帰り道は商店街を通らずに横道を歩いてみました。この辺りは結構古い建物が残っていて、現在も住まわれている家が多いようです。
横山医院の看板がかかるこの建物は、昔の町医者の建物を保存してあるのかと思いきや、現役の内科・循環器科・小児科の医院でした。
訪問日 2010年2月7日

メニューに戻る