奈良:高取町・町家のかかし巡り

2012年10月20日

近畿日本鉄道吉野線の壷阪山駅までやって来ました。
なんでも、この駅から少し離れたところにある土佐街道沿いで、「町家のかかし巡り」という催しが行われていることを知り、訪れました。
駅の出入口横で子連れのお母さん「かかし」が、大きなチラシを掲げて出迎えてくれました。卓上にある籠から「かかし巡りマップ」をいただき、いざ出発です。
このマップには、土佐街道沿いに設けられた「かかし」の展示されている場所(38ヶ所)が、駅に近い方から順に番号が振られています。
土佐街道に入った所で、子供連れの「かかし」さんが出迎えてくれました。
この、古い町家が残る石畳の道が土佐街道で、かってはこの道の奥の高取山・山上に高取城がありました。当時、山上の城では生活が不便なため、藩主をはじめ家臣の屋敷は街道筋に移され、次第に城下町が形成されていきました。街道の両脇には水路があり、火事の際には防火用水としての役目があったそうです。
こんな街道筋を古い建物を見ながら歩いていくと、所々で「かかし」に出合えます、展示家屋には「かかし巡りマップ」に表示されている番号と同じ番号札が張られていますので、中に入って見ることができますし、中に入らなくても表や玄関先に置かれている所もあります。
マップに街道から少し横道に入った所にも番号が振ってあったので、そちらに向かいますと、満開のコスモス畑が見えてきました。その畑の手前には「牛」の世話をする農家の人達が居られますが、これらも全て「かかし」さんであります。コスモス畑の中には従来の「かかし」の姿も見られます。
そして、隣りのコスモス畑には、なにやら城のような建物が建っています。?と思って近付いてみると、それはアルミの空缶で作製された高取城の天守閣でした。なんでも空缶を3万5679個を使って再現されたオブジェで「缶の使用量が世界中で最も多い像」としてギネスブックに登録されたそうである。
どんな空缶が使用されているかはこちらをご覧ください
ふたたび元の土佐街道に戻り歩を進めます
桃太郎の誕生
本当の田舎の老夫婦が道端に座っているようです
ドラえもんもいます
サザエさん一家
ゲゲゲの鬼太郎
奈良県指定文化財である植村家長屋門の前には門番が立つ
最終ポイントにある「ジャンボ辰雛」(高さ5m)
高取町・町家のかかし巡り
期間 2012年10月15日〜11月14日
時間 10:00〜16:00
所在地 奈良県高取町上土佐ほか
TEL 0744-52-1150(FAX共用)
交通 近鉄吉野線・壷阪山駅下車
駐車場 あり 無料
地図のマ−クは夢創館(観光案内所)です
アクセスマップ・散策マップ・駐車場情報などはこちら

メニューに戻る