宮崎県:高千穂峡

高千穂は九州山地のほぼ中央部、宮崎県の最北端に位置し、町の中心部を五ヶ瀬川が貫流し、その途中に名勝天然記念物の高千穂峡があります。

高千穂峡は太古の昔、阿蘇火山活動のときに噴出した溶岩流が五ヶ瀬川にそって帯状に流れ出し、急激に冷却したため柱状節理の素晴らしい懸崖となった渓谷で、上流の「窓の瀬」から下流の「吐合」の間の景観が特に優れ、高いところで100m、平均80mの断崖が東西にわたり約7kmも続いています。


その高千穂峡をまたいで架かる3つの橋は、手前から神橋(大正時代竣工・石橋)、その奥が高千穂大橋(昭和30年竣工:鋼の橋)、いちばん奥が神都高千穂大橋(平成15年竣工:コンクリート橋)で、異なる材質で大正・昭和・平成という三時代に造られたことから三代橋と呼ばれているそうです。
槍飛

ここは五ヶ瀬川の中で一番川幅がせまいところです。1591年、県(今の延岡)の領主・高橋元種に高千穂が攻められた時、三田井城が落ち、城から家来達が逃げ出しました。しかし、ここまで逃げてきたものの橋がなく、槍の柄を手前についた者は飛び渡ることが出来、向こうについた者は川に落ちたと伝えられているそうです。
鬼の力石(重量約200トン)

高千穂神社の祭神・三毛入野命は弟の神武天皇と共に大和に行かれますが、伝説では再びお帰りになり、高千穂一帯で悪行をはたらいていた鬼を退治し、この地を治めたといわれています。その時、鬼が三毛入野命に投げ、力自慢をした石と言われています。
仙人の屏風岩 高さは約7 0m。不老不死の術を得、神通力を持つ仙人にこそ成せる業のような造形美ということから名付けられました。
真名井の滝

これが「日本の滝百選」にも選ばれている真名井の滝です。遊歩道の滝展望台からの景観が、この渓谷の中で一番の見どころとのこと。断崖の高さは17m、ボートに乗って滝壺まで行き、水面近くから見上げると迫力満点だそうです。
反対側の御橋からの展望


なお、ボート乗り場は橋の後ろ側、断崖絶壁の階段を123段下りたところにあります。
おのころ池と水車小屋


茅葺き屋根の後方に、滝のようなものが見えます。
玉垂の滝(一部)


地図を見ると近くまで行けそうですので、行って見たところ、高さ約5m・幅15mもあり、近付きすぎて全てが入りませんでした。
撮影 2009.9.7
高千穂峡
所在地 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井  地図
交通アクセス 高千穂町観光協会のHPをご覧下さい
問合せ 高千穂町商工観光課・TEL 0982−73−1212

メニューに戻る