牡丹の当麻寺

2013年4月23日

当麻寺(たいまでら)の牡丹が見頃との情報で、近鉄南大阪線・当麻寺駅に降り立った。駅前から案内板の矢印に従い一本道を辿ると、徒歩約15分で当麻寺に到着する。
当麻寺・仁王門

当麻寺は、用明天皇大三皇子麻呂子親王が御兄聖徳太子の教により創建された寺で。中将姫の当麻曼荼羅・天平時代の東西両塔・日本最古の白鳳時代の梵鐘や石灯籠などが有名な寺である。
仁王門をくぐり境内に立入ると、境内は二上山をバックに静かなたたずまいを見せています。
日本最古の梵鐘の左奥に「当麻寺中之坊」があり、「ぼたん園」の看板が立っていましたので、まずは、ここから牡丹見物です。
前庭の牡丹 黄色い牡丹
ぼたん園内 白藤も咲いています
客殿を取り囲むように牡丹園がある
千仏院・庭園 庭園内
東塔と牡丹
次は奥院に向かいます 奥院のあちらこちらで牡丹がみられます
牡丹には和傘が似合います
浄土庭園の牡丹とツツジ
金堂の横には品種名が付された鉢植牡丹がずらりと並ぶ。その中から一部を紹介します。
紫雲殿 島大臣
錦の艶 新日月錦
島錦 八千代椿
鎌田藤 緋の司
当麻寺
所在地 奈良県葛城市當麻1263
TEL 0745-48-2008(代)
交通 近鉄南大阪線・当麻駅下車徒歩約15分
拝観料 中之坊500円 奥院300円 千仏院200円
駐車場 有・門前 牡丹の時期は使用不可

メニューに戻る