夙川公園の桜2007

夙川公園は、夙川河口部から全長3.2kmの両岸を利用した河川緑地であり、昭和の初期に公園として整備されました。
清流に沿った松林と約2300本の桜並木が、昔ながらの美しさを今に伝え、四季折々の草花が咲きほこる市民の憩いの場として親しまれています。

そんな夙川公園を、少し満開を過ぎた頃でしたが阪急電鉄夙川駅から公園の北端まで歩いてみました。
夙川左岸・こおろぎ橋付近。
 
 
こおろぎ橋付近から右岸を望む。
  
 
大井手橋付近の右岸→

小さく見えるが、かなりの大木である。
大井手橋以北の左岸にはベンチがしつらえてあり、皆さん思い思いに休憩されています。
 
上の地図「夙川」の川の字の下に描かれた飛び石上から上流側を望む。
苦楽園口橋の手前・左岸・右岸の桜がドッキングしたかのように見える。
苦楽園口橋上から上流側を甲山を入れて撮影。
 
苦楽園口橋からさらに上流へ。

右岸の松林が無くなり、青空の下、さくら並木が続きます。
阪急電鉄甲陽線の鉄橋が見える所で桜並木は終っています。
撮影 2007.4.10 

メニューに戻る