正俊寺(しょうしゅんじ)の紫陽花 

正俊寺は江戸時代の初め、領主の久貝正世が父・正俊を弔うために建立した寺である。その境内には紫陽花庭園があり、この時期、五百羅漢の石仏や石塔の周りに植えられた約1万5千株の「ガクアジサイ」や「ヤマアジサイ」が咲き誇ります。見頃は例年6月初旬から7月初旬で、紫陽花と石仏を愛でながら境内の散策が楽しめます。                  撮影 2008.6.23
長尾山・正俊寺(しょうしゅんじ)

所在地:大阪府枚方市長尾宮前2 地図
問合わせ TEL:072-858-8222
交通:JR学研都市線長尾駅から徒歩5分
紫陽花庭園公開期間:6/10〜7/31
開園時間:8時〜17時
入園料:100円

メニューに戻る