城跡探訪・勝龍寺城

勝龍寺(しょうりゅうじ)城跡はJR京都線の長岡京駅から南にゆっくり歩いて10分程の所にある。入口前には立派な案内板と明智光秀との関わりがある事を示す石碑がたっています。解説板の内容を下に転記します。
 
 勝龍寺城は、南北朝時代に京都へ進出する南朝方に備えて、細川頼春が暦応二年(1339)に築いたといわれる。
 城は京都西南部に位置し、西国街道と久我畷に押さえうる交通の要所に築かれている。
 応仁・文明の乱(1467〜1477)では、守護畠山義就(西軍)の乙訓地域の拠点となった。戦国時代になると、織田信長からこの城を与えられた細川藤孝(幽斎)が元亀二年(1571)に二重の堀と土塁をもつ立派な城に改修した。天正十年(1582)の山崎合戦では、明智光秀が城に入り、羽柴秀吉(豊臣秀吉)との戦いに敗れ、落城した。
 ところで、この城は明智光秀の娘玉(細川ガラシャ夫人)が十六歳で藤孝の子忠興(十六歳)のもとに嫁いだところで、歴史とロマンを秘めた城としても全国に知られている。
 城の中心部には本丸と沼田丸があり、その周囲に堀をめぐらしていた。北東の神足神社付近には、城の北方を守るためにつくられた土塁跡や空堀跡が残されている。
 この城跡は勝竜寺城公園として整備され、平成四年春に市民の憩いの場としてよみがえった。これに先立つ発掘調査で、藤孝が改修した時代の石垣や多聞櫓が発見されるなど数多くの成果が得られた。その結果、勝龍寺城が鉄砲の時代に対応した先駆的な築城技術を用いた城で、石垣で築く近世の城に移る間際のものとして、わが国の城郭史上でも貴重なものであることが明らかにされた。
これは城を模した管理棟で、1階は休憩室・2階は資料展示室となっています。
資料展示室では、2011年4月1日から「細川ガラシャのおもかげ展」が開催されています。
 

ガラシャおもかげの水

この水は、細川ガラシャ(玉)が、夫忠興と勝龍寺で過ごした日々、水面にその姿を映し出したであろうと、歴史のロマンにちなんで名づけられたそうです。

(蛇口がついていますが、本当の地下水100%で美味しいそうですが、一般の水道水と違って保存がきかないそうです)
細川忠興と玉(ガラシャ)の銅像

明智玉は、天正6(1578)年 勝龍寺城で忠興に嫁ぎましたが、その後は・・・

天正8(1580)年 丹後の宮津に移る。
天正10(1582)年 父光秀が信長を討ち、反逆者の娘ということで味土野(現在の京丹後市弥栄町須川の山中)に幽閉される。
天正12(1584)年 幽閉を解かれて宮津に戻る。
天正15(1587)年 入信してガラシャの洗礼名。
慶長5(1600)年  関が原の合戦前、夫が徳川方につき不在となったすきに、西軍の石田三成が人質に取ろうとしたが、ガラシャはそれを拒絶し、自らの意志で命を絶った。38歳だったそうである。
石垣は自然石を積み上げた穴太(あのう)積み 土塁の南西端上からの眺め 
 
土塁上の白壁 外壁は黒っぽい板張り
 
東北角には櫓に見立てた東屋がある 東屋を外側から見るとこんな感じです ↑
 
帰り道の途中にある神足(こうたり)神社にも土塁と空堀が残ることを知り、立ち寄りました。
うっそうと茂る神社の森(右下の鳥居が小さく見える) 神足神社の竹やぶに残る土塁
← 勝龍寺城縄張りと神足屋敷

左図の通り本丸から随分と離れた所に空堀や土塁が残っているのは、何か不自然に思いましたが、解説板によりますと、勝龍寺城外郭に位置する神足屋敷は、細川藤孝が国人神足氏の居館であった神足城を勝龍寺城に組み込んだものと考えられるそうです。
勝龍寺城跡公園
所在地 京都府長岡京市勝竜寺13
TEL 075−952−1146 (勝龍寺城管理事務所
時間 09:00〜17:00(4月〜10月は18:00)
休園日 毎週火曜日と12月28日〜1月4日
入園料 無料
交通 JR長岡京駅から徒歩約10分
駐車場 有 無料(6台位)

メニューに戻る