奈良:正暦寺の紅葉

 奈良市菩提山町に在る正暦寺(しょうりゃくじ)は、龍華寿院(りゅうげじゅいん)とも称し、奈良市と天理市にまたがる山あいに位置します。「錦の里」と呼ばれ、奈良の紅葉名所として有名だそうです。
秋には南大門跡から本堂まで続く800mの区間が紅葉のトンネルとなるそうです。
11月19日は、まだ少し早かったようで、数箇所でオレンジ色の紅葉が見られる状態でした。
急な石段を上ると広々とした平坦地が現れ、そこに本殿が建っています。
本殿内から眺める紅葉も又格別 
本殿横に、さまざまな色の葉をつけた「もみじ」の木がありました。
収納倉庫? 鐘楼
高台から見下ろす紅葉もすばらしい!
白壁の向こうは、国指定重要文化財「福寿院客殿」です。
縁側に座ってながめる庭園の、白砂に松の緑と紅葉のコントラストもすばらしいです。
撮影 2008年11月19日
正暦寺の所在地・問い合わせ・アクセスについては こちらをご覧ください。
普段は寺直通のバスはありませんが、紅葉の期間中はJR・近鉄奈良駅から正暦寺行の臨時バスが運行されています 2008年の時刻表はこちら

メニューに戻る