城跡探訪・墨俣城


長良川の横を流れる新犀川の土手に沿って北上します。一夜城の標識が現れ、墨俣城が近づいていることを知らせてくれています。
突然、前方に城が見えてきます。どこかで見たような城だと思ったら、先に寄った大垣城に良く似ています。一夜城という一夜で建った城だから、もっと粗末な城かと思っていましたが、すごい立派な城なので、これは一夜では建たんでしょう・・・と思いながら歩を進めますと・・・
城の前には「木下藤吉郎秀吉の像」と表記された、ずいぶん年寄りのおっさん像が出迎えてくれます。
墨俣城は、豊臣秀吉が木下藤吉郎j時代の若かりし時に建てた城なので、一寸違和感を覚えながら横を通りぬけました。
木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして築いたと伝えられている墨俣(すのまた)一夜城は、藤吉郎が「天下人」となる出発点として、全国にその名が知られています。この城あとに、当時の砦的な城ではなく一般的な「城郭天守」の体裁を整えた建物が墨俣歴史資料館として建っています。
資料館の最上階からは最上川や金華山上の岐阜城などが望めます
館内には、上の資料に基づいた墨俣築城の概要がビデオやパネルで紹介されています。
一夜城の話は、有りえない・・と思っていましたが、館内のビデオを見ているうちに、用意周到な準備段階を踏んで建てられたことが理解でき、なるほどと納得できました。ここではビデオでの紹介は出来ませんのでパネルでの紹介文を一部を割愛して紹介します。
信長の美濃攻め
天下統一をめざす織田信長は上洛を果たすため美濃を攻め落とさなければならないと考えていました。
永禄三年(1560)、信長は美濃攻略のため、要衝である墨俣に城を築くことを決め、佐々成政、佐久間信盛らに築城を命じました。しかし斎藤勢は手ごわく、尾張の織田一族や東濃の豪族には留守をねらわれ、また幾流もの川が寄り合う墨俣の地形や増水にも悩まされ撤退を余儀なくされました。しかし信長は永禄六年(1563)に小牧城を築き、犬山城、東美濃の鵜沼城、伊木城、堂洞城を攻略のうえ、永禄九年(1566)、木下藤吉郎に墨俣築城を命じました。


協議
信長から墨俣築城の命を受けた藤吉郎は、佐々氏らが失敗したのは敵方の攻めやすい土塁だけの守りだったためで、速やかに馬柵(うまさく)や鹿垣を構え防御策とすれば築城は可能と考えました。ひそかに人数を集め大事を決行するには、蜂須賀小六らの協力が不可欠す。そこで小六、前野将右衛門兄弟、坪内党らと会い「この難事業は手柄を上げるまととない機会だと話し、彼らの協力を取り付けました。


藤吉郎の計画

藤吉郎は材木の切り出しから加工までの一貫した作業を速やかに行うため、それぞれの任務を割り当てることにしました。七曾、八曾の山で城材を切り出し、合計一万数千本の材木を木曽川の急流へ一気に流します。下流の草井で陸揚げし、松倉に持ちこみ、待っていた大工の棟梁たちが築城用に加工して、現場で組み立てられるようにするのです。いわば現代でいうプレハブ工法です。


築城への準備
墨俣築城について信長は、すべてを藤吉郎にまかせました。総勢2140人のうち信長から借り受けた兵は鉄砲隊わずか75人。大半は蜂須賀小六をはじめとする土豪集団でした。藤吉郎はこれを材木切り出しの資材部隊と道具や食料を確保し運ぶ戦闘部隊の2隊に分けました。


作戦開始
永禄九年(1566)9月12日午前2時、尾北の夜空にのろしが上がり、総勢2千余人が一斉に墨俣へ向かいました。藤吉郎率いる鉄砲部隊、前野・蜂須賀党の戦闘部隊は木曽川を渡り、稲田大炊介率いる資材部隊は木曽川から境川へ資材を移し、長材を川舟に短材の一部は兵が担いで陸路を小熊村まで運び、正午過ぎには一部の人員と長材を除き、すべてが墨俣に集まりました。


築城と戦い
各部隊が墨俣に到着すると、ただちに工事がはじまりました。築城のカギは馬柵づくりにかかっていました。馬柵づくりは12日正午すぎから、築城は夜通し行われました。目前に斎藤軍が迫り、鉄砲や弓矢などの攻撃に耐えながらの苦しい築城です。それでも翌13日夕刻には馬柵とやぐらがほぼ完成。工事開始2日後の14日には攻撃人数を増やした斎藤軍を約3時間におよぶ激しい攻防のすえ、撃退。15日の朝、信長は1500の兵を率いて念願の入城を果たしました。これこそ「一夜城」として世に名をはせる墨俣城の築城でした。ときの藤吉郎30歳のことです。
藤吉郎の一夜城
墨俣城築城は、佐々成政の築いた遺構を利用して3昼夜で完成しました。「一夜城」と呼ばれるのは築城工事がもっぱら夜間に行われ、朝の光に完成した姿を現したとき、前日までなかったものが突然出現したかのような印象を与えたためです。また白壁のかわりに麻布を貼りそれらしく見せるなど、藤吉郎の機転をたたえる意味も込められているようです。藤吉郎はこの功績により足軽鉄砲隊100人組の組頭から墨俣城を預かる城代となり、稲葉山攻略にも大きな役割を演ずることになりました。
歴史資料館内の築城時の様子を表現したジオラマ
墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)
所在地 〒503-0102 岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1
電話番号 0584-62-3322 FAX:0584-62-7092
開館時間 09:00〜17:00 (入館受付は16:30まで)
休館日 月曜日(当日が祝日のときはその翌日)
祝日の翌日(その日が日曜日にあたるときはよくよく日とし
        その日が土曜日にあたるときはその翌週の火曜日)
入場料 一般:200円 18歳未満:無料 団体(20人以上):150円
交通 JR大垣駅南口のりばA(岐垣線)から名阪近鉄バス乗車:墨俣バス亭から徒歩約5分
JR東海道本線:穂積駅から車10分
JR東海道新幹線:岐阜羽島駅から車15分
名神高速・岐阜羽島インターから車20分 大垣インターから車30分
メニューに戻る