初冬の須磨離宮公園

2006年12月10日、長男家族の誘いを受け、須磨離宮公園にやってきました。


この公園は昭和33(1958)年4月、皇太子殿下(現在の天皇)のご成婚記念事業として整備が始まり、近代的な欧風庭園を中心に昭和42(1967)年に開設されました。その後、植物園、子供の森やバラ園が増設され、四季をつうじて憩える公園となっています
この公園は本園と植物園に分かれていますが、本園のメイン施設はこの噴水広場です。水をモチーフにした美しい欧風庭園のレストハウスから湧き出た水はメインフォール(瀑水)となってカスケード(段々滝)を下り、芝生、「王侯貴族のバラ園」を配したキャナル(水路)に流れ込みます。
王侯貴族のバラ園

離宮であったことにちなんで、噴水広場と中門広場には王侯貴族や芸術家、愛、等の名前が付けれたバラが植えられ、花と香りが楽しめます。

←マチルダ 1988 フランス作出 (気温が低い時はピンクだが、暑くなると白っぽくなる。多花性で丈夫な品種)
長男の話では、この辺りは温暖な気候に恵まれているため、紅葉がかなり遅くまで楽しめるとの事。実際に12月の10日にもなるのに、きれいな紅葉を目にすることが出来ました。
本園のトンネルを抜け、両横がすべり台になっている長い階段を下りると、そこは児童遊園となっている。上には高速道路が走っていて日当りが悪いが、夏の日中や少々の雨でも遊べるので良しとしましょう。

この後、連絡橋を渡って植物園に向かいます。

植物園は300種以上の樹木や草花が植えられていて、中心部には鑑賞温室、喫茶室や和室・和庭園等があり、変化に富んだ地形を生かした、みどり滝、三段滝、もみじ滝などの水の変化が楽しめます。
その他、園内には各種の桜、「花の庭園」や「梅園」「ぼたん園」「香りの道「睡蓮の池」「もみじ道」等が整備されています。
木の名前は分かりませんが、黄葉がきれいです。
この時期サザンカが各所で見られます。
鑑賞温室

植物園の中心施設で、滝を組み水を落とし、マルハチ・ヘゴ林の下には熱帯や亜熱帯の樹木、果樹や種々の花が咲き誇ります。
軽食・喫茶のコーナーは2階にあります。
温室で見つけた、この大型の花は「ストレリチヤ・レギナエ(極楽鳥花)」という名前です。
鑑賞温室の北側には「三段滝」があります。
三段滝の前は紅葉が臨める広場となっていて、児童遊具が設置されています。
鑑賞温室の2階で昼食を済ませた後、本園に戻ります。
連絡橋を渡った後、今度は山道を通ってレストハウスの北側にある子供の森にやってきました。
フィールドアスレチック

「宝島」(スティーブンソン作)を題材にした28ポイント・全長約500mの木製遊具のコースです。自然の中で遊びながら体力づくりと森林浴が出来ます。
対応年齢は小学生以上と書かれていましたが、親が付いて手助けしてやればそれ以下でもOKということで、5才になる我が孫もやる気満々でスタートです。途中、父親に何度か助けられながら、40分程でゴールインしました。
一汗かいた後は、宮殿をイメージした2階建てのレストハウスで一休みです。
立ち昇る噴水の間から、庭園と海を見ながら頂くコーヒーとケーキはまた格別。もう少しねばれば夕焼けに出会えたかも知れませんが、帰宅を急ぐことにして、須磨離宮公園をあとにしました。
訪問 2006年12月10日
 
須磨離宮公園 〒654-0018 神戸市須磨区東須磨1-1 Tel:078-732-6688 Fax:078-734-6022 開園時間:午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで 休園日:木曜日(祝日の場合は翌日・年末年始(12月29日〜1月3日) 入園料:15歳以上=400円 小中学生=200円 駐車料:乗用車=500円 二輪車=100円 交通:本園(正門)へは*山陽電車「月見山駅」下車、北西へ徒歩10分 *山陽電車「須磨寺駅」下車北東へ徒歩10分 *JR「須磨駅」より市バス「妙法寺駅前行」(75系統)「こども病院前」下車すぐ *市営地下鉄「妙法寺駅」より市バス「須磨一の谷行」(75系統)「こども病院前」下車すぐ 駐車場へは*姫路方面からは第2神明「須磨インター」おりてすぐ *大阪方面からは「月見山インター」おりて約700m (公園の所在地クリックで地図を表示、赤い十字マークの所が正門です)

メニューに戻る