須磨離宮公園の梅

2013年3月4日

久しぶりに須磨離宮公園です。近畿の梅便りによれば、この公園で「五分」咲きとのことで足を運びました。。
正門を入った所で2本の紅梅が咲いていましたし、赤黄色いマンサクの花が満開でした。

須磨離宮は、皇室の別荘として1915年に建設されたもので、後に公園として整備されたものです。
公園は「本園」と「植物園」とに分かれていて、梅園は植物園の方にあります。
本園から連絡橋を渡り、花の広場に差し掛かると数鉢の盆梅が目に止まる。
鑑賞温室の東側に回りこむと、梅園と大阪湾が一望できる場所に出る。
梅の木は20種・約200本という小ぶりの梅園である。
まだ蕾だけの木もあるが、5分咲きが納得できる咲きっぷりです。
スイセンも咲いています。
呉服枝垂(くれはしだれ) 藤牡丹枝垂(ふじぼたんしだれ)
月影(つきかげ) 玉牡丹(たまぼたん)
関守
八重唐梅(やえとうばい)
古今蘭(こきんらん)
道知辺(みちしるべ)
須磨離宮公園 〒654-0018  神戸市須磨区東須磨1-1 Tel:078-732-6688 開園時間:午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで 休園日:木曜日(祝日の場合は翌日・年末年始(12月29日〜1月3日) 入園料:15歳以上=400円 小中学生=200円 駐車料:乗用車=500円 二輪車=100円 交通:本園(正門)へは*山陽電車「月見山駅」下車、北西へ徒歩10分 *JR「須磨駅」より市バス「妙法寺駅前行」(75系統)「こども病院前」下車すぐ  *市営地下鉄「妙法寺駅」より市バス「須磨一の谷行」(75系統)「こども病院前」下車すぐ 駐車場へは*姫路方面からは第2神明「須磨インター」おりてすぐ * 大阪方面からは「月見山インター」おりて約700m (地図のマークは梅園の場所です)

メニューに戻る