撮影 2009.8.25   水都大阪2009「時空の架け橋」 戻る

大阪府の橋下知事が提案していた、大阪の水辺の魅力をアピールする「水都大阪2009」が8月22日〜10月22日までの予定で中之島公園一帯で開催されています。
京阪電鉄の中之島乗り入れ工事のため、長期に渡り公園が閉鎖されていましたが、このたび工事が完了し、それを祝うかのごときのイベントです。

2009年8月25日、淀屋橋からイベント会場である中之島公園のバラ園方向に歩きます。川岸の様子が随分変わっていることに驚きます。
難波橋の東側にあるバラ園が会場への導入路となっており、大きな魚と、風でゆれると”きらきら”光る短冊?が出迎えてくれます。
左の魚は淀川と大阪湾のゴミで作られています
 
ミストも噴射されて涼しさを演出してくれます
 
バラ園を過ぎるとイベント会場に到着、木造小屋や竹のオブジェに覆われた広場で100以上のアートが体験できます。
 
中之島公園の最東端部は「風を見る」との作品で「かざぐるま」で埋め尽くされています。
西の空を見ると一寸した夕焼け、19時00分から始まるイベント「時空の架け橋」を見るため、天神橋の中間地点にある螺旋スロープを上がり、「八軒家浜」に向かいます。このイベントは高さ5mのオブジェに備え付けた水のカーテンに光の映像(動画)を音楽に合わせて映し出すものとの事で、初めてみるイベントに期待がかかります。


19時を少し過ぎましたが、いよいよ始まります。

その様子をスライドショーでご覧下さい。
このイベントの開催日時などはこちらをご覧ください
 
その他のイベントとして橋のライトアップ(天神橋:難波橋・錦橋)があります。
天神橋
 
難波橋
 
大阪市中央公会堂(これはイベントとは関係なく、常時ライトアップされています)
 
錦橋
「水都大阪2009」のHPはこちら
  
戻る