城跡探訪・吹田山田城

 吹田山田城は伝説によると、元弘年間(1331〜34)、赤松則祐(のりすけ)の創建に係わるという(『大阪府全志』)が資料的裏付けは無い。ただ、建武五年(延元三、1338)九月五日付の摂津守護代河江円道の勝尾寺院主房宛の書状によれば、当時の山田付近に、後醍醐天皇を奉じて相当根強い抵抗を繰り返していた勢力の存在がうかがわれ、興味深い(『勝尾寺文書』)。
 そののち、戦国時代にには香西玄蕃がこの城に拠ったと伝えられ、その属城も十三の多さを数えたという(『摂津志})が、詳しくは判らない。
 現在、遺構は完全に壊滅して跡を留めないが、『東摂城址図誌』によれば東西約270m×南北145mの規模を有する略三角形の城地であり、「大手橋」あるいは「櫓の橋」の字名を残していた(『大阪府全志』)というし、さらに「古城」「角矢」の字名もあったという(『東摂城址図誌』)。
 立地からいえば、本城は千里丘陵の一角、山田川によって南東に開かれた渓谷に臨む山城であるが、この川を下れば比較的素早く三宅・吹田などの諸城に至り、あるいは、安威川を経て大阪湾にも達することができる点には注目すべきである。  「日本城郭大系・12」より転載
そして解説文には下のような地図が添えられていました。
この中央部に描かれた城址が、どの辺りかを現在の地図上で探してみました。
この辺りが上の地図とよく似ており、マーカー付近が城跡かと思われる。
2015年4月8日

地図の城跡が、どういった場所であるのかを実際に見てみたくなり、雨が上った午後から自転車で出かけました。途中、道に迷いましたが、城跡に近いという「紫雲寺」を発見し、一安心です。

この寺の本堂には、大阪府指定有形文化財である「森狙仙(もりそせん)」筆による天井画・鳥獣図82面」があるそうです。
紫雲寺前の道を西北に少し進むと、「古い長屋門」が目に留まる。

旧竹中家「馬上門
この門は、江戸時代に山田中村の庄屋をつとめた竹中家の表門である。騎馬のまま出入したといういわれや、背丈が高く大きな門であるということで「馬上門」と呼ばれてきたそうです。
マンション建設に際し、取り壊しに反対する地元住民達の意見を聞き、マンション業者がマンションの出入口として再利用したそうである。
そのマンションの北側の坂道を上っていくと、手前に広がる畑の奥に、うっそうとした竹林が見えてきます。手にした地図からみて、あの場所が城跡のようです。
小さな階段を上りきると、そこはバスなどが走る幅の広い道路(吹田停車場線)に出ました。
城跡と思われる場所の正面に立ちました。ここは「スターバックス・コーヒー吹田山田店」がある場所で、左側が駐車場、右側に黒っぽく写っているのが店舗である。
側面の斜面から背の高い竹が伸びている。 ここは、かなり高い場所である。
この場所は、車道(吹田停車場線)の一番高い所にあって、そこから舌状に広がる台地であり、三方が竹薮の急斜面であることから、築城の条件としては、絶好のロケーションかと思われます。
その他、気になったのが、現在の地図でいうと城跡の南側に両端が途切れている水路のようなものが見て取れます。

大きなマンションに挟まれて存在する水路がこれですが、かっては城の堀だったのでは・・・・と思わせてくれます。


以上、これらの検証から、この辺りが「吹田山田城跡」に間違いない、と思いながら帰途につきました。
吹田山田城跡
所在地 大阪府吹田市山田東2-17
アクセス 阪急千里線・大阪モノレール
山田駅から徒歩約20分
バス 山田市民体育館前停・下車すぐ
メニューに戻る