城跡探訪・吹田城

 吹田城の名が史上に現れるのは、建武3(1336)年のことで、この年6月9日、足利氏に属した安芸の周防次郎四郎親家が摂津国水田城で合戦に及び、敵を追い落としている。
 その後、応仁元(1467)年、すなわち応仁の乱勃発直後には、三宅・吹田・茨木・芥川の諸氏が、東軍に属して京都で戦っている。
 さらに大永6(1526)年、細川高国の臣、香西四郎左衛門尉と細川伊賢との争いは、やがて高国と細川晴元との合戦にまで拡大した。この年、高国方に属した池田城を、細川勢が討とうとした時、三宅・吹田両氏も味方して吹田に陣を構えたが、高国方の伊勢神戸衆・伊丹衆に攻められ、吹田氏は討死してしまった。吹田城の荒廃は、こののちのことであろうと思われる。
その吹田城がどこにあったのかは、諸説があるようですが、過去の検地帳・延宝7(1680)年の「吹田村絵図」・「旧吹田町地図」などを照合して検討された結果、JR吹田駅の北西側にある「朝日ビール吹田工場付近」であろうと結論付けられています。
 なお、遺跡はビール工場建設のため完全に崩壊されてしまい、何らの形跡を留めないが、大局的にみれば、当城は千里丘陵先端に築かれた山城の一種であったようだ。
 (吹田城位置図および文面は「日本城郭大系12」新人物往来社刊より抜粋)
2013年9月18日、その吹田城跡地を訪ねてみました。城跡と云われる広大な敷地に設けられた「朝日ビール吹田工場」内は、無数の「ビールタンク」がそびえ立ち、外周部は生垣や樹木と背の高いフェンスで囲われてtます。
入口では衛士が目を光らせていますので、無断で立入る事などできません。
← このレンガの建物は大正時代のものだそうで、明治期のレンガ建築物を見ることはできませんが、以前に舞鶴市の「赤れんが博物館」で初代レンガ建物の一部が展示されていて、その写真を撮ったた事を思いだしました。
←これが明治24(1891)年に、この地に建設されたレンガ造りのビール工場の一部だそうで、下部にはめ込まれたプレートには「旧・大阪麦酒会社・吹田村醸造所」の文字が刻まれています。(2004年1月7日撮影)
道路をはさんだ向かい側に片山神社の鳥居が立ち、その奥に小高い丘が見えます。現在この丘は整備され「片山公園」となっていますが、当時の城郭はビール工場敷地から、この小高い丘を含めた一帯にあったという説もありますので、行ってみることにしました。
公園の入口には吹田城の模擬石垣と虎口が設けられています
虎口内から望む模擬石垣
さらに石段を上って丘の頂上付近に着きました。今では周りの大きな木々が邪魔をして、周囲を見渡すことは出来ませんが、これらの木々が無ければ、城として絶好のロケーションのようです。平らな頂上部と相まって、ひょっとすれば、ここに城があったのではないかと思えてきました。
吹田城跡
(あえて片山公園の場所を示します)
所在地 吹田市出口町
見学 公園は立入り自由

メニューに戻る