神戸・相楽園のつつじ
2016年4月22日

そろそろ「つつじ」が見頃に近づいているのでは・・・・と思い、神戸の相楽園にやってきました。

入口の掲示板には「本日はテレビドラマの撮影」及び「結婚式の前撮り写真撮影が多く、皆様にはご不便、お迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほどを・・・・・・園長」と記されています。
 
相楽園

相楽園は元神戸市長 小寺謙吉氏の仙台小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で、明治18年頃から築造に着手され、明治末期に完成したものです。
昭和16年以降神戸市の所有となり、中国の古書「易経」の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)からとって「相楽園」と名付けられ、一般に公開されるようになりました。
19.566uの敷地にある庭園は池泉回遊式の日本庭園で飛石や石橋を渡り、流れや滝などの深山幽谷(しんざんゆうこく)の景を見ることが出来ます。
蘇鉄園(そてつえん)や樹齢500年と伝えられる大クスノキ、春に咲くツツジの花やモミジの紅葉も見事です。
また、重厚な正門と欧風建築の旧小寺家厩舎、保存のため移築された船屋形、旧ハッサム住宅のほか、茶室浣心亭(かんしんてい)が庭園の景観と調和しています。
                                       (相楽園のパンフレットより)
 
重要文化財・旧小寺家厩舎(きゅうしゃ) 重要文化財・旧ハッサム住宅
蘇鉄園 庭園から茶室浣心亭を望む
庭園から船屋形を望む 結婚式を挙げることもできるようです
大クスノキと大灯籠(笠の広さ6畳強))
ピンクのつつじ この時期ボタンも「咲いています
満開時には、こんな感じになるそうです。(相楽園のパンフレットより転載)
 
本日は、まだ「つつじ」があまり咲いていませんでしたが、園内の様子をスライドショーでご覧ください
 
 
受付の方の話では、見ごろは1週間位先(4/29〜)になるようです。なお2016年4月23日(土)〜5月8日(日)は、「つつじ遊山」という催しが行われており、期間中は様々なイベントが行われるそうです。 イベント情報はこちら
神戸・相楽園
所在地 神戸市中央区中山手通5-3-1
TEL 078-351-5155
開園時間 09:00〜17:00(入園は16:30迄)
休園日 木曜日 但し祝・祭日は開園し翌日休園 「つつじ遊山」期間中は無休
入園料 15歳以上300円 小・中学生150円
交通 JR・阪神 元町駅から徒歩10分
駐車場 なし 近隣の有料駐車場を利用
メニューに戻る