蘇洞門(そとも)めぐり


元職場のOB達と行く旅、今回は福井県
小浜市の「蘇洞門(そとも)めぐり」と決ま
りました。

2010年7月27日、JR大阪駅から湖西線
回りの新快速で敦賀まで行き、小浜線に
乗り換えてJR小浜駅に到着です。
若狭フィッシャーマンズ・ワーフ

ここが蘇洞門めぐり観光船の待合所&海
産物・土産売場&レストランの建物です。

約30年前に息子達を連れて観光船に乗り
ましたが、こんな建物など無く、小さな船着
場が有っただけ・・・・と記憶しております。
道路を隔てた向かい側に遊覧船の乗り場
があります。船は大型船と小型船の2台で
交互に運行しているそうですが、今回、我
々が乗るのは小型の方でした。(残念!)
「蘇洞門」は小浜湾の東側に位置する内外海半島北側の海岸にある海蝕洞で、花崗岩が日本海の波の作用で削られてできたものだそうです。奇岩・洞門・洞窟などが6kmにわたって続き、豪壮な景観をなし、若狭湾国定公園を代表する景勝地となっています。昭和9(1934)年、国の名勝に指定されています。
船は岩場までは高速で突っ走ります
 
三ツ岩
 
一寸分かり難いかも知れませんが、半島から少し離れて垂直に立ち上がる岩の島で(右のチケット写真参照)、むかし南蛮人を乗せた「唐船」を、この島につないだところから、この名が付いたそうです。  
唐船島
 

 
あみかけ岩 岩に亀裂が入り、まるで網をかけたように見えます。
 
夫婦亀岩 同じような大きさの亀が二匹おぶさっているように見えます。
 
白糸の滝 年中水量が変わらないそうです。
 
大門・小門
 
← 左側が「大門」・右側が「小門」と呼ばれています。小さく見えますが、「小門」の高さは大人の背丈の3倍以上あるそうです。奥の方に「吹雪の滝」が見えています。



航路図ではここで引き返すことになっていますが、船は「大門・小門」がある岩場をぐるっと回り、裏側に入って行くようです。↓
この半島独特の岸壁を間近に見せながら、船は簡素な船着場に到着します。
5分間の上陸を許可する旨の船内放送が流れます。え!航行予定外の所に入り込み、おまけに上陸まで出来るとは夢にも思ってもみなかったので、大急ぎで上陸します。多分、今日は風や波が無く、危険度が低いので上陸できたのだと思います。

そして、先に進むと「大門・小門」の裏側が見られるポイントがありました。両門を隔てる中央の柱は、ちょうど基礎石に乗っかっている親柱ような存在ですが、侵蝕が進み、いつの日か大きな波を受けて崩れ落ちる日が来るのかも知れません。

この辺りの海は澄んだきれいな色を見せてくれます。↓
ここから船は超スピードで帰途につきます。

30年前に比べて何と船足の早いこと。あっと云う間に乗船場に到着します。

ここからはタクシーに分乗してJR小浜駅へと向かいます。
小浜駅のプラットホームの屋根は昔ながらの木の柱で支えられています。跨線橋の奥には大正7(1918)年頃に造られた赤レンガ造りの貯水塔があり、蒸気機関車が主役だった時代を忍ばせてくれます。

蘇洞門めぐり
所要時間=約50分  料金=大人 2000円 子供=1000円  (各種割引あり)
出航時間  9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00
冬季期間
(12月〜2月)
10:00 11:00 13:00 14:00 15:00
定休日 12月31日・1月1日
若狭フィッシャーマンズ・ワーフ
所在地 〒917-0081 福井県小浜市川崎1丁目3−2  地図
電話 0770-52-3111  FAX=0770-53-2148
交通(車)
大阪・京都→小浜
名神高速道京都東インターより今津・上中経由国道27号線経由
舞鶴若狭自動車道小浜西インターより国道27号線経由
交通(車)
名古屋→小浜
名神高速道京都東インターより今津・上中経由国道27号線経由
電車 JR北陸本線敦賀駅乗換、小浜線小浜駅下車、タクシーで5分
 
メニューに戻る