万博記念公園:ソラード

1970年に開催された日本万国博覧会。
その跡地は緑に包まれた文化公園とし
てよみがえりました。

260haの広大な敷地の中でも中心とな
るのが自然文化園であり、万博開催時
パビリオンが林立していたこの場所に、
生態的に自立した森を再生という先駆
的な試みがなされ、100haの敷地に約
260種60万本の樹木が植栽されました。

当初は苗木畑のようだったこの場所も、
今では沢山の野鳥や昆虫、そして淡水
魚が生息する雄大な森となりました。

この豊かに成長した森の表情を木と同
じ高さまで登って立体的に観察できるよ
うにと考え、造られたのがこの設備であ
ります。

なおソラードという名は「空の道(ロード)
」をもじってつけらたそうです。

メニューに戻る