南紀白浜:孫連れ旅行

メニューに戻る
今年の夏旅行は、長男が海外出張中でいないため、嫁さんと孫(5才)と私達夫婦の4人での旅である。

2006年8月6日 9:02

新大阪からオーシャンアロー5号にて白浜に向かう。
ふだん長男家族が出かける時は、ほとんどが車であるため、いつも孫はシートベルトにしばり付けられている。そのため、たいがいは途中で寝てしまう。しかし、今日は体が自由であるため列車内をうろつき、展望の良い場所を見つけて陣取り、あまり自席に座っていることもなく 11:17に 白浜駅に到着。
一寸早めの昼食をとり、タクシーにて臨海海水浴場近くの宿舎に向かい、とりあえず、そこに荷物を預けてグラスボート乗り場へと急ぐ。
乗り場の近くからは、白浜のシンボルとして親しまれている円月島が望めます
グラスボートは「海女と海底めぐり」とのタイトルで運行されています。
大人 1500円 子供(3才以上750円)

(影の声:グラスボートは海底や魚を見るのが主目的、海女のショー等はやめて、その分料金を安くして・・・)
船内には2列の海底のぞき窓があり、我が孫も必死でのぞき込むが、見えるのは海女のショーと、時々通り過ぎる魚影が何度か見えただけである。孫に沢山の魚をみせてあげようと思ったのに残念であり、なにか消化不良の状態である。
う〜ん、もっとハッキリ魚の姿を見せたいと思いながらグラスボートを降りると、目の先に「水族館」の文字が飛び込んでくる。
消化不良を解消するため、水族館に向います。
ここは京都大学瀬戸臨海実験所の一部として1930年から一般に公開されているそうです。

大人 500円 
小人(小・中学生) 110円
オーソドックスな水族館で何の仕掛けもありませんが、ゆっくりと落ち着いて見てまわれ、孫も満足した様子で消化不良は解消です。
さて、宿舎は「まるき別館」という民宿である。
部屋には、トイレ・洗面・鏡などは有りませんが、料理はそこそこの物が出てくる。
一泊二食付き8550円は納得できる価格かと思われる。
8月7日 本日の予定は海水浴をするだけである。
宿から約100m歩くと臨海海水浴場に到着する。ここは道路からは見えないところにあるため、プライベートビーチの様な感じで開放感のある海水浴が楽しめます。上の写真のように真中の岩場を挟んで両側に砂浜が広がり、人出も少なく小さい子供達を遊ばせるにはもってこいの場所である
水泳教室に通っている孫娘も、浮輪は着けているが、バタ足で自由に泳ぎまわり「楽しい!」を連発して、中々陸に上がりません。監視役は大人3人で交代制としたため、女房も私も20何年振りかで海中に入る事となりました。
この辺りの波は岩に穴をあけるのが得意とみえ、円月島以外にもこうした海蝕洞があちこちで見られます

臨海海水浴場西先端部から、円月島(側面)を望む。
8月8日は、アドベンチャーワールドに寄って帰宅する予定となっている

台風7号の接近が報じられる中、宿の横より町内循環バスに乗り、約25分で到着です。
まずは、サファリツアーに出発です。
ここでは、ケニア号という乗り物に乗って猛獣ゾーン等を巡ります。
ライオン・ヒョウ・熊・虎など、動物園では金網や鉄格子越しでしか見られなかった猛獣達を、ガラス窓から手近に見ることができます。
↑暑くてクマったと水浴中の熊



←虎が寝トラー



次ぎは、アシカショーの会場へと移動
ショー最後のアシカ達のご挨拶です。
パンダの赤ちゃんのミルクタイム

2005年8月23日に、ここで生まれた幸浜(コウヒン)は満1才になるまでの食事はミルクだけとの事。
1才を過ぎると徐々に笹を与えるそうです。
そういえば、日本に初めてパンダがやってきた時に、息子達を連れて東京の上野動物園まで見に行った事を思い出した。大変な人出で檻の前で立ち止まる事が許されず、檻の前を通り過ぎただけで、じっくり見られなかった。
昨今は日本国内のパンダの数も増え、この園には6頭もいる。
イルカショーの会場に移動




イルカのジャンプ力には驚かされる↓
白浜アドベンチャーワールド
入園料

大人:3500円
中人(小・中学生):2300円
幼児(3才以上):1700円
60才以上:3100円

最初は、一寸お高いかと思ったが、色々なショーなどを見て歩き、一日たっぷり過ごせて納得です。
出口と書かれた方に向かいますがみやげ物店の前を通らないと外に出られません。電池でかわいいしぐさで動くパンダのぬいぐるみの前で孫娘の足が止まって動きません。なにか買ってやろうと思っていましたので、これにしましたが、その晩はこのパンダをだっこして眠りについたそうです。
メニューに戻る