大阪案内:新梅田シティ

1993年、大阪駅の北西・直線で約600mの所に、こんなビルが出現した。左側の小さく見えるビルはウェスティンホテル、右側がスカイビルと呼ばれる空中庭園(展望台)を持ったツインビルである。
地下2階・地上40階建のこのビルはとにかくでかい。最上階の空中庭園部分はどのようにして出来上がったかというと、地上で組み立てたものを二つのビルの上からロープで吊り上げて固定したもので、当時の作業の様子が写真と共に新聞で紹介されていました。
ところで、ビルの谷間に大きな樹木が見て取れますが、これは人工的に造られた森であり「中自然の森」と呼ばれています。
完成当初は、リスが放し飼いにされていたそうですが、現在はもういないようである。
この森の中へは、池に架かった橋を渡って自由に出入りする事が出来ます。
遊歩道に沿って歩いてみると、周りのビルは一切見えないし、小鳥のささえずりが聞こえ、都会の真ん中に居ることを忘れてしまいます。
森を出て再び見上げた不思議な空間。かってこんな建物があっただろうか?これはぜひ上ってみなければ・・・・という気になってきます。
タワーイーストの3階でチケットを購入後エレベータで35階まで上り、その後はシースルーエスカレータで39階まで上ります。
上の写真のV字型の物体はエスカレーター(上り・下りの二本ある)でした。
39階、ここは普通の展望台。

ここからエスカレータで40階に行き、さらに階段を上ると・・・・・
地上高173mの空中庭園展望台に到着します。
眼の前に壁やガラスはありませんので、何の障害物もなしで眼下の広大なパノラマがたのしめます。

夕日や夜景を見るのも良いかも知れません。
南側の景観
北側の景観
下りのシースルーエレベーターから、「中自然の森」が見えました。

空中庭園展望台の料金は 大人=700円 中高生=500円 小学生=300円 幼児(3才以上)=100円 です。

営業時間:10時00分〜22時30分(最終入場は22時まで)
地下1階に降りたところ、「滝見小路」という大正〜昭和初期の町並みが再現されておりました。飲食店・理髪店などがレトロな店舗で実際に営業されています。
この郵便局も「新梅田シティ内郵便局」として実際に業務が行われています。
新梅田シティ 所在地:大阪市北区大淀中1-1-88 
行き方:現在JR大阪駅の北側は、梅田貨物駅と共に大規模な工事が行われており、上記所在地をクリックして表示される地図とかなり様子が違ってきています。今後も工事次第でこの辺りの様子が違ってくると思われますが、現在は、「ヨドバシ梅田」西側の道路を北に進み、左側の工事囲い塀の切れ目を左折し、少し進むと新梅田シティに続く地下道があります。JRの線路沿いを歩くと大変な遠回りになりますので要注意。
「滝見小路」で時間をつぶし、日暮れを待って外に出てみると「ドイツ・クリスマスマーケット大阪」というイベントが開催されていました。

2006年11月17日〜12月25日迄開催


このイベントは毎年行われているようです。
空中庭園展望台の真下・中央広場には、高さ27mのクリスマスツリーが飾られ、沢山の人達で賑わっていました。
 撮影:2006年12月6日

メニューへ戻る