信州・桜の名所めぐり

松本城へ 総合メニューに戻る 高遠城址公園へ

上田城跡公園
 
上田城は天正11(1583)年に真田昌幸が築城、平城で二度にわたって徳川軍の攻撃を守りぬいた戦国の名城である。大坂の陣後に真田氏は松代に移封され、仙石氏が小諸から移り城を大改修、さらに近世後半には松平氏の居城となる。今は本丸・二の丸にあたる所が城跡公園となっており、隅櫓や石垣・土塁が残ってる。櫓は仙石忠正が築いたもので、かっては櫓門2基、隅櫓7基があったそうだが、明治期に民間に売られ、今は隅櫓3基が残るのみとなっている。毎春、桜の咲く頃に「上田城千本桜祭まつり」が行われる。
上田城千本桜祭まつり会場と西櫓
 
上田城跡公園の入口
 
入口から少し進むと堀に出る
 
桜で覆われる、左から 南櫓 ・ 東虎口櫓門 ・ 北櫓
 
西櫓
 
花は桜だけではありません
 
西側の堀沿いには桜の古木が並ぶ
 
上田城跡公園 終
撮影 2010年4月13日

  総合メニューに戻る 高遠城址公園へ
 
 
松本城
 
松本平にはじめて城が築かれたのは、永正元(1504)年とのこと。当時、松本平を支配していたのは信濃守護の小笠原長時で、居城の林城の支城として建てられ、当時は深志(ふかし)城と呼ばれていた。その後甲斐の武田信玄がこの地を占領しましたが、天正10(1582)年に小笠原長時の遺児・貞慶(さだよし)が本能寺の変による動乱に乗じてこの城を奪回し、名を松本城と改めた。現在の天守閣などは、その後に移封してきた石川数正の子・康長が文禄2〜3(1593〜4)年に建造したものだそうです。
南面
 
松本城の向こうには桜林と北アルプス連峰が望めます
 
北面
 
松本城(北面)と赤い橋(埋橋)
 
中央の山は常念岳(2857メートル)
 
松本城 終
撮影 2010年4月14日

上田城跡公園へ 総合メニューに戻る  
 
 
高遠城址公園
 
高遠は古くから諏訪氏の勢力圏にあって、その支族である高遠氏が一円を治め居城としていたが、武田信玄の侵略に遭い、その旗下に属した。高遠を手に入れた信玄は、伊那地方への進出拠点とするべく、天文16(1547)年に家臣・山本勘助、秋山信友に命じ、高遠城の拡張改築を実施した。しかし天正10(1582)、織田信長の甲斐侵攻により落城する。明治5(1872)年、新政府の手によって城内の建物は民間に払い下げられましたが、城跡には旧藩士らの手によって「桜の馬場」から桜が移植され、明治8(1875)年に公園となりました。
外から見る高遠城址公園
 
城跡のタカトオコヒガンザクラは樹齢130年を越える老木を含め、現在では約1500本の樹林となっています。その花形はソメイヨシノに比べ、やや小ぶりで赤みを帯び、その可憐さと規模の大きさは「天下第一の桜」と称されるほどで、県の天然記念物の指定を受け、平成2(1990)年には日本さくらの会の「さくら名所百選」に選ばれています。
太鼓櫓
 
どこもかしこも「コヒガンザクラ」で覆い尽くされています
 
桜雲橋(おううんきょう)
 
とにかく桜がいっぱいです
 
空堀の底から見上げる桜も、また格別
 
池に映る「逆さ桜」
 
問屋門と桜雲橋
 
高遠城址公園 終
撮影 2010年4月14日
 
上田城跡公園へ 総合メニューに戻る 松本城へ