京都・真如堂の紅葉

2014年11月26日 京都市営バス「真如堂前バス停」から案内標識に従って歩を進めると真如堂の境内に到達する
真如堂(しんにょどう)

正式名は真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)という天台宗の寺である。
平安中期に比叡山延暦寺の僧・戒算上人が延暦寺の常行堂にあった阿弥陀如来象を東三条院藤原詮子の離宮に移し、安置したのが始まりとされる。
本堂(重要文化財)

江戸時代の享保2()1717)年の上棟で、京都市内の天台宗寺院の本堂としては最大規模を誇り、内部には、本尊の阿弥陀如来立像(重要文化財)が祭られています。
三重塔

宝暦年間(1751〜1763)に建立されましたが、文化14(1817)年に再建され、さらに昭和9年に修理が加えられました。本瓦葺で、高さは約30メートル。京都府の文化財に指定されているとの事。






残念ながらイチョウはすでに落葉していました。
真如堂のカエデは背の低いのが特徴です。
なんでも、この辺りは地盤が固く、木の根が張りにくいのだそうで、自ら背を低く抑えて倒木を防いでいるそうです。

そのお陰で、見上げなくても目の前で紅葉を愛でることが出来ます。
落紅葉もきれいです
真正極楽寺 真如堂
所在地 京都市左京区浄土寺真如町82
TEL 075-771-0915
真如堂拝観料 大人500円 高校生300円 中小学生200円
真如堂拝観受付 09:00〜16:00
境内散策 境内散策(紅葉見物)は無料・時間制限なし
交通 JR京都駅前から100系統・5系統・17系統の京都市営バスで約35分・真如堂前バス停下車・徒歩約6分
駐車場 数台・混雑時は公共交通機関でお出かけ下さい
真如堂HP http://shin-nyo-do.jp/
メニューに戻る