四国の最南端と最西端の旅−3

メニューに戻る

竜串は、足摺国立公園に位置し、 第3紀層に属する砂岩が長い年月風蝕・海蝕を受けて生まれた岩の芸術で奇観を呈し、地質学的にもとても価値があり、地質の博物館ともよばれています。
いろいろな奇岩を見ることができます。
大竹・小竹
龍がねそべっているように見える。
しぼり幕
こんな足場の悪い所を、4歳(もうすぐ5歳)の孫は一人でどんどん先に行ってしまいます。
あとを追うのが精一杯で、ゆっくり写真を撮ることが出来ませんでした。

BACK  NEXT