四国最南端と最西端の旅−2

メニューに戻る

2006年5月4日(木・祝)

宿を9時30分に出発、約15分位で足摺岬の駐車場に到着。

花は無いが椿のトンネルを通って灯台に向かいます。
途中の展望台で足摺岬の先端に立つ灯台を眺めたあと、灯台に向かって再出発です。
四国最南端の地、この足摺岬に白亜の八角形の灯台が建設され、大正3(1914)年4月1日に点灯された。
その後、老朽著しく昭和35(1960)年に画期的なデザインのロケット形灯台に改築され、灯器も強力なものに変更されて現在に至っている。

地上高 18.1m
水面からの高さ 60.6m
光の届く距離 約38km
灯台の傍から眺める太平洋の大海原。
あれ!岩の上に色の付いたものが・・・・・とよく見れば、魚釣りをしている人達である。
船で運んでもらったのだろうが、あのせまい所でよくじっと突っ立って居られるなと思うと同時に、大波が来たら・・・とか、トイレに行きたくなったら・・・・・・とかを考えてしまう。
駐車場に戻る際、別の道を通ったらこんな銅像が立っていた。

中浜万次郎
(ジョン万次郎1827.1.11〜898.11.15)

近代日本初の国際人。1841年出漁中に遭難するが、アメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に助けられ、船長の生地フェア・ヘーブンで学校教育を受けるとともに見聞を広め1851年に帰国。その後、国際知識をかわれて幕府直参となり、1860年には遣米使節の一員に加えられるなど、開国に向けて大役を果たす。


次は竜串に移動します。

BACK  NEXT