四国最南端と最西端の旅−1

メニューに戻る

四国の最西端・佐田岬に、おいしい魚料理の宿があると聞きつけ、私達夫婦と次男+長男夫婦+孫の6人で行く事が一ヶ月前に決定したが、その宿が満室で取れなかった。しかたが無いのでその近くの宿を予約。最西端に行くなら、ついでに最南端も行ってしまえ・・・・とのことで足摺岬の近くにも宿を予約しておいた。

2006年5月3日(水・祝) 07時30分、好天にめぐまれ出発するも、すでに渋滞が始まっており吹田インター入口から、宝塚を抜けるのに1時間40分ほど要した。
←山陽自動車道・淡河SA
昼食場所は最初から決まっていた。次男が以前友人と訪れたことがある香川県の讃岐うどんの店に立ち寄ることを条件に参加しているからである。

車は何処をどう走ったのか分からない。最後に坂道を上った所にあったのが「山内うどん店」である。12時50分という時間にもかかわらず、30人位の人達が順番待ちで行列していた。
又どこで渋滞に出くわすか分からないのに、ここで時間を取られても大丈夫かなと思ったが、意外に早く店内に足を踏み入れる事ができた。
自己流でうどん作りを研究していたご主人が開いた店とのこと。山の天然水を使い、薪焚き釜でゆであげたコシの強い麺とイリコだしの相性が抜群との評判で沢山の客が訪れる。

かけうどんを注文して、出てきたうどんに、横に置いてある天ぷらなどをトッピングして代金を支払う。あとで知ったことだが、特大のゲソ天が特にうまいらしい。

所在地
香川県仲多度郡まんのう町十郷大口1010
営業時間:9時〜17時
休業日:木曜日
代金:小=200円、大=250円、特大=350円

←大 (小の上は大で、中はありません)
昼食後は土佐清水に向け出発する。
車の運転は息子達が交代でやってくれます。

カーナビの到着予想時間が7時54分を表示していたため、途中の休憩もほどほどにして急ぎます。
幸い大した渋滞にも遭遇せず、予想時間よりも1時間程早い7時前に民宿「清龍」に到着。

← 民宿 清龍

所在地:高知県土佐市清水市幸町2-27
電話:0880-82-1597
お腹もすいたし、まづは腹ごしらえと食事部屋に向かいます。料理自慢の宿とあって、伊勢海老やあわび・お刺身が大皿で出てきて大満足。
これで一泊二食付きで8400円とは安い!

   NEXT