城跡探訪・摂津郡山城

2011年1月4日

摂津郡山城(こおりやまじょう)跡を目指して、長い坂道を上ります。前方に見えてきたのが「浪速少年院」で、摂津郡山城の跡地に建設されたものです。
← こんな看板が立つ所でカメラを持ってうろうろし難いですが、少年院の北側門柱の前で石碑と解説板を発見しました。→
茨木市教育委員会の解説板によりますと

 「郡氏由緒書」によれば、高利平太夫(郡兵太夫)は、摂津国高槻城主和田伊賀守につかえ、この国立浪速少年院辺りにあった郡山城にいて、近郷七か村を支配していたといわれています。
 「陰徳太平記」によれば、
 元亀二年(1571)八月、茨木・伊丹両氏と池田氏との対立が茨木方の和田惟政と主君池田勝正を追出した荒木村重・中川瀬兵衛ら池田二十一人衆との対立となり、白井河原をはさんで合戦をした。
 このとき和田惟政軍五百余騎、池田勢二千五百余騎と多勢に無勢であり、和田軍の部下の高利平太夫(郡兵太夫)が一人で池田軍に行き、「主君は将軍からの急な呼び出しがあって京都に赴いているので、その帰りを待ってから戦闘を始めたい」と申し入れ時間かせぎをしたが、計略をみやぶられて戦闘は始められました。帰陣した平太夫は主君惟政に「この軍勢では勝ち目がないので一旦退却してはどうでしょう。時に応じて軍を進めたり退いたりするのが名将ですよ」と進言したが聞き入れられず、やむなく名馬「金屋黒」にまたがって、縦横無尽に戦ったが奮戦むなしく戦死したという。
 ここに置かれている石は、城の石垣に使用されたと思われる石で、三ツ鱗・三ツ星印が刻まれています。
 またここから約三百メートル西に行った、大阪府茨木郡山住宅B9棟の辺りに「城の内」「門口」など、城の位置を示す地名が残っています。
なお「わがまち茨木・城郭編/昭和62(1987)年出版」によりますと、大正11(1922)年の浪速少年院建設工事中に多くの石が掘り出された中に、郡家の家紋入りと思われる、三ッ鱗(うろこ)、三ツ星印の城石が発見された。現在は浪速少年院の玄関車まわしの五葉松下に置かれている。

と写真入りで書かれていますが・・・・・
現在は少年院の外に置かれています。

石碑の裏には「平成2年3月吉日」と記されていますので、平成2=1990年ですので「わがまち茨木・城郭編」が出版されてから3年後に少年院内から外の現在地に移され、石碑と解説板が設けられたと思われます。
出来ることなら、この石から刻印を探し出して写真を撮りたかったのですが、残念ながら汚れがひどくて見つけることは出来ませんでした。
摂津郡山城跡
所在地 大阪府茨木市郡山1-9
交通 阪急茨木市駅・JR茨木駅から阪急バス中河原南口行きに乗車、郡バス停から徒歩10分強

メニューに戻る