城跡探訪・瀬田城

 「瀬田橋を制するものは天下を制する」と云われ、古い時代から数々の戦いの場となった「瀬田唐橋」前にやってきました。


実は、この橋の近くまで来たことはありますが、渡るのは今回が初めてである。
大津市の瀬田川にかかる全長260bの橋 対岸にある「日本三大名橋」の石碑
瀬田橋の戦い(歴史年表)
橋の石碑前に小さな祠がある。

なんでも、昭和51(1976)年の工事中に、唐橋の中央橋脚の基礎の地下から出土した石仏が祭られています。専門家の鑑定によると、室町末期の作で、腕のよい石工が彫った石仏だそうで、何時、誰が、何のために唐橋の下に安置したのかは不明だそうですが、四百年以上も川底で、唐橋を守りつづけてこられた石仏だそうです。
さて、肝心の城跡ですが、今ではマンションが建設されたとのことですので、唐橋に近い、いちばん大きなこのマンション付近から探すことにします。
瀬田川の土手の方からマンションに近付くと、石碑のようなものが見え、瀬田城跡碑であることが確認できました。



瀬田城

 瀬田城は、別名「山岡城」とも呼ばれ、瀬田唐橋の東南畔に位置し、窪江城と共に、瀬田橋と東海・東山道を監視する軍事的要衝の地を占めていた。

 この瀬田城は『寛政重修諸家譜』によれば、瀬田の土豪山岡氏の一族で、田上城主であった山岡資広(すけひろ)が永享年間に初めて築城したとあり、この時の城地が瀬田山岡であったため、一族の姓を山岡と称したと伝えられている。それから以降、瀬田城は代々山岡氏の居城となった。

 山岡氏は、当初六角氏の被官であったようで、天文十四年(1545)五月、細川春元が山城宇治田原に発向したときにも、青地(あおじ)・下笠(しもがさ)・馬淵(まぶち)氏ら六角氏の被官と共に従軍している。しかし、永禄十一年(1568)、織田信長の入京後は一転して織田方に属した。元亀元年(1570)五月九日、京都にいた信長が岐阜へもどる途次には、瀬田城が宿所となっており(『言継卿記』)、またその翌年の山門焼き討ちの前日にも信長の宿所となったとのことであるが、この点については。園城寺光浄院を宿所としたとの説もある。

 また天正十年(1582)、明智光秀が京都本能寺において主君信長を討ち、安土に向おうとした際に、瀬田城主山岡景隆(かげたか)を見方に引き入れようとするが、景隆は主君の恩願を裏切れないという理由で、光秀の行手を妨げるために瀬田橋を焼き落とした。しかし、その翌年の賤ケ岳合戦では、柴田勝家に内通したことが発覚して、豊臣秀吉により瀬田城を追われた。景隆は、その後、逃亡先の甲賀郡毛牧(もひら)村において六十一歳の生涯をとじている。

 なお、瀬田城は、現在瀬田唐橋の東南畔、もと膳所藩の別邸「臨江庵」の地にあったと伝えられているが「、同地には、昭和四十年、山岡同族会によって建立された跡碑がたっている。

(解説は「新人物往来社」発行の「日本城郭体系 第11巻」より転載)
なお、山岡同族会によって建立されたという石碑は、この立派な石碑かと思われますが、句読点がふられていなくて実に読み辛いのですが、興味のある方は拡大画像を用意しましたので、左画像をクリックしてご覧ください。


なお「臨江庵」は後に料理旅館「臨湖庵」となり、現在は「グランスイ−ト近江・臨湖庵」という名のマンションになっています。
訪問日:2015年6月20日
瀬田城跡
所在地 滋賀県大津市瀬田2
交通 京阪電鉄石山坂本線・唐橋前下車
唐橋→川沿いの道・徒歩約6分
TEL 077-534-0706(石山駅観光案内所)
メニューに戻る