大和高田の千本桜

2015年3月31日

奈良県大和高田市内の「県道132号線の横を流れる「高田川」の両岸が、この時期、「南北約2.5kmにわたり約千本の桜が咲きそろう」、との情報を得て、近鉄大阪線の大和高田駅に降り立った。
桜並木は、どこから始まって、どこで終わるのかは定かでないが、とにかく駅から西側の川岸に出ると、ほぼ満開に近い桜並木が出迎えてくれました。この並木は、途中の大中(おおなか)公園を経て、近鉄南大阪線の鉄橋から、まだ南へと続くそうである。
この高田市の千本桜は、市制施行の昭和23(1948)年に植樹されたものそうです。
樹齢67年の古木が、みごとな花を咲かせています
夜は、ぼんぼりに灯がともり、ライトアップされた桜を楽しめるそうです。
途中の橋上からの眺めがすばらしい。
ぼんぼりの数が随分と多くなってきました。
やがて大中公園の先端が見えてきます。
公園内は屋台などが出て、大にぎわいです。
公園の中央には池があり、川鵜?が羽を休めています。
けっこう広い公園で静かな場所もあります。
公園を南下すると、みごとな桜のトンネルが出現します。
近鉄南大阪線の踏切を越えたところでナノハナを発見!
もう少し南下した所の白っぽい桜。
 
大和高田駅付近の高田川左岸にて。
大和高田の千本桜
所在地 奈良県大和高田市大中
TEL 0745-22-2201 (大和高田商工会議所)
交通 近鉄大和高田市からすぐ
観賞 無料
駐車場 大中公園西隣 50台 無料
メニューに戻る