[世界の梅公園]から[万葉の岬]へ

2015年3月9日 又々、吹田市のある写真同好会のバスツアーに特別参加させていただきました。行き先は、兵庫県たつの市内の「世界の梅公園」・「室津港」・「万葉の岬」などで、午前8時に阪急山田駅を出発し、10時すぎには御津町黒崎にある世界の梅公園に到着しましたが、途中から降りだした雨のため雨中の散策となりました。
世界の梅公園

この公園内には、日本・中国・韓国・台湾などの梅が約315品種・1250本が植えられており、所々に建つ中国風の建物が異国情緒を味合わせてくれます。
尋梅館(じんばいかん)

世界梅公園の中心的施設で木造2階建、延べ330u。1階が展示室、2階が展望室になっている。

手前の枝垂れ梅がきれいです。
唐梅閣(とうばいかく)

唐の時代は中国古代の歴史上最盛期にあって、鑑真和尚をはじめ多くの人々が日本に渡り、ニ中両国の文化・芸術・宗教などについての交流に大きな貢献を尽くしました。中国梅園の中心的な建物として、日中の友好交流は古くから続いてきたこと、また永遠に続いていくことを象徴して「唐梅」と名付けられたそうです。
また「閣」とは高所にあって周囲を一望できる展望用の建物をいい、「閣」のそばには梅の古木が植えられ、中国の太湖の「太湖石」で峰を立てて、景観の趣旨をあらわしているそうです。
雪海香涛(せっかいこうとう)「山門

満開の梅林は眺める雪のごとく、香りは波のように次々と押し寄せてきます。中国では古くから、このような景観を「香雪海」と形容されることから「雪海香梼」と名付けられたそうです。
こ梅は、もう見頃と云える状態です。
ナノハナも咲いています。
紅梅と白梅のにらみ合い。
磯千鳥

(日本種)
大庭

(中国産)
粉皮官粉

(中国産)
猪肝紅

(中国産)
黄色いスイセンも咲いています。
紅梅をバックに咲く白いスイセン。
世界の梅公園 (梅の開花期間期間外は入園無料)
所在地 兵庫県たつの市御津町黒崎1858番地4
交通 山陽電鉄網干駅下車・神姫バスで「世界の梅公園前」まで10分
国道250号で姫路から約30分・相生から約20分
入園料 高校生以上 400円 小・中学生 200円
開園時間 09:00〜16:30
休園日 観梅期間を除く月曜日・年末年始
駐車場 普通車:500円 中型・大型:1500円
途中で立ち寄った
室津港です。

たつの市御津町の中心部から国道250号の屈曲した海岸線を抜けた半島に位置する。
外洋部では牡蠣の養殖が盛んである。
ますます強く降ってくる雨に、「万葉の岬」に到着しても見晴らしが期待できず、バスから下りるのを躊躇していましたが、つばき園があると聞き、雨中の散策をしてみました。
万葉の岬・つばき園
相生湾の東南端にあるこの地は、天気が良ければ、瀬戸内海が180度展望できるそうです。
この「つばき園」には、40品種・230余りの椿があるとのことです。
12月から4月にかけて、赤やピンクの花が次々と咲くそうです。
こちらは10分程で切り上げ、早々の帰阪となりました。

天気が良ければ夕日も綺麗だそうです。
万葉の岬
所在地 兵庫県相生市相生
アクセス JR山陽本線相生駅から車で約15分
山陽自動車道竜野西インターより車で約15分
駐車場 あり
問合せ 相生観光協会
TEL:0791-22-7177
メニューに戻る