城跡探訪・丹波篠山城

丹波篠山城跡にやってきました。

 篠山城は、慶長14年(1609)に、天下を盤石なものにしようとする徳川家康が、豊臣方の拠点である大坂城を包囲するとともに、豊臣家ゆかりの西日本の諸大名を牽制するために、山陰道の要衝であったこの地に築いた城である。
 築城工事は、旧豊臣大名の経済力を弱めることを目的に天下普請とされ、山陰道、山陽道。南海道(近畿・中国・四国地方)など15ヶ国20大名が動員されました。
 城は当時「笹山」と呼ばれた独立丘陵を利用して築いています。工事は、開始から1年に満たない短期間でぼほ出来上がるという突貫工事で進められました。
 篠山城の縄張は、築城の名手といわれた藤堂高虎(とうどうたかとら)が行ったもので、堀を二重に廻し、外堀の三方に出入口として馬出し(うまだし)を設け、防御に徹した城構えとなっています。天守閣は、城の完成を急いだことと実戦向きの城としたため築かれませんでしたが、二の丸には大書院に代表される御殿が建てられました。
 大坂夏の陣を経て江戸幕府が安定すると、篠山城は西日本の諸大名の押さえの城として位置づけられます。江戸時代を通して、幕府の信頼厚い諸大名の4家が、藩主として次々と移っていきます。


 名   称:国指定史跡篠山城跡
 城の種類:平山城
 城の形状:輪郭式と梯郭式の併用
 面   積:16.3万平方メートル
 史跡指定日:昭和31年12月28日


      現地案内板より転記
立派な石垣の間を進むと鉄門(くろがねもん)跡があり、その奥に展示室の入口が見えてきます。
 大書院は篠山藩の政治の中心として、藩の公式行事などに使用されました。明治維新後も篠山を象徴する建築として、その姿をとどめていましたが、昭和19年(1944)に惜しくも消失しました。
 現在の建物は、古絵図・古写真・発掘調査などの学術調査をもとに、江戸時代初期の創建とされるその姿が忠実に復元されているそうです。
「二の丸」の井戸↓↑
 二の丸の井戸は築城前に笹山の麓を流れていた黒岡川を埋めた跡に石垣を積み上げたものといわれ、深さは約十四bで、水が枯れたことがないそうです。
埋門(うずみもん)跡
 埋門は城の中でも気付かないところに小さく構えられた門で、別名穴門ともいわれています。門の二の丸に面した方は、三方が急な石の階段となっており、門を入っても直ぐに二の丸を見渡せないように工夫されています。
 そして、埋門付近の石垣には、篠山城内で最も多くの符号・刻印が見られます。なかでも、「三佐之内」の刻印は、篠山築城時に普請総奉行を務めた、池田三左衛門輝政の名を印したものだそうです。
↑ 「卍」の刻印 ↑ 「三佐之内」の刻印
 「二の丸」よりも石垣で高くなっている所が本丸である。本丸の周囲は天守台と南西隅・北西隅・北東隅の三ヶ所に二重の隅櫓を建て、間を多門櫓(たもんやぐら)でつないで内部を囲んでいたそうです。


← これは隅櫓の石垣かと思われます。
天守台は本丸・南東部の最も高く奥まったところに位置し、石垣の高さは17mある。
天守台の平面規模は東西が約18m・南北が約20mです。
東方には丹波富士と呼ばれる中世の山城である高城山(八上城跡)が美しい姿を見せています。
丹波篠山城跡 (訪問日:2015年6月27日)
所在地 兵庫県篠山市北新町2-3
TEL 079-552-4500
入館 本丸・二の丸・天守台は無料開放
大書院は有料(大400/小中200)
交通 JR福知山線「篠山口」から神姫グリーンバス「篠山営業所」行「二階町」下車徒歩5分
舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口I.C.」より東へ約10分
駐車場 市営広場前駐車場(約400台)無料
メニューに戻る