京都・佐野藤右衛門邸の桜 

2015年4月18日

京都市バスの「山越」停に降り立った。すぐ前の交差点を渡りバスの進行方向に歩きます。
右側は民家が存在するが、左側には様々な木々が植えられた樹林のような区域が広がっています。
そもそも、ここを訪れた訳は、少し前にテレビを見た女房より、「広沢池の近くで個人住宅の敷地内に様々な桜を植えられている所があり、春には一般に開放されている・・・・・・」との情報を得たからである。
ネットで調べてみると、「佐野藤右衛門邸の桜」という項目が見つかりました。
それによりますと、佐野 藤右衛門(さの とうえもん)は、庭師の名跡で、京都・嵯峨野にある造園業「植藤」の当主が襲名するそうで、藤右衛門は、天保3(1832)年より代々、仁和寺御室御所の造園を担ってきた。
当代の第16代 佐野藤右衛門は、日本の造園家・作庭家であり。祖父である第14代藤右衛門が始めた日本全国のサクラの保存活動を継承し「桜守」としても知られているそうです。
樹林の中でも桜が咲く
この広い植樹地域は庭園用の植木を育てている場所かと思われます。
藤右衛門邸・桜苑の入口 枝垂桜が出迎えてくれます。
この枝垂桜の裏側に、造幣局でも見られない珍しい桜が植栽されています。
松月 泰山府君
鬱金(うこん) 妹背
御衣衣(ぎょいこう) 駿河台匂
普賢像 梅護寺数珠掛桜
福禄寿 紅普賢
六高菊桜 鷲の尾
花笠 天の川
市原虎の尾
佐野藤右衛門邸の桜
所在地 京都市右京区山越中町13
交通 JR京都駅・烏丸四条・四条大宮から
京都市バス62系統「山越」停下車
三条京阪駅より京都市バス・10系統・59系統にて「山越」停下車
期間 桜が咲く期間のみ
駐車場 ありません。
注意 個人の庭ですので、飲食や大声での話しは不可
メニューに戻る