城跡探訪・真田幸村出丸城

2013年11月16日

JR大阪環状線・玉造駅から歩くこと約4分程で「三光神社」の入口に到着する。
階段を上った所にある解説碑によると、「この地はもと大坂城の出城(偃月城)ありし処にて慶長・元和の大坂合戦の頃、真田幸村茲に陣し本城より此処に至るまで地下に暗道を設け
其のこん跡を本堂階下に止むるにより、世俗に真田山の三光と称するに至れり。
境内はじめ宰相山公園一帯は櫻の名所にて春は宰相山公園愛護会による三光さくら祭りあり」と記されています。そこを少し進むと真田幸村公の銅像が建ち、その横には
「真田の抜け穴跡」と称する洞穴もみられます。
洞穴内部 洞穴・入口の「真田六文銭」
紅葉が少し残る「宰相山公園」の西側には画一的な墓石が並ぶ広大な空間があります。?と思いましたが、近くの建物の表札には「真田山陸軍墓地維持会」と記されていて納得。
墓地が出来る前には、それなりの広い空き地が有ったと思われますので、ここが「真田出丸城」の跡では・・・・と思ってしまいます。
宰相山公園から西側の「陸軍墓地」をはさんでいくつかの寺が存在します。
その内の「心眼寺」は真田幸村と、その子大助を弔うために建てられて寺だそうで、山門の扉には真田家の旗印「六文銭」がみられます。そして山門脇には仁王様の監視のもとに「真田幸村出丸城跡」の石碑が建っています。

新人物往来社刊の「日本城郭体系12」によりますと、「慶長十九年十月、招かれて、九度山から手勢を引き連れて大坂城に入城した真田幸村は惣構南面の防御が弱いことを見ぬき、惣構の空堀を隔てたところにある笹山という小丘陵に出城を構え一族郎党をもって守らせた。三日月形の城で偃月城とも呼ばれた。
「僊台武鑑」所収「大坂冬の陣配陣図」によれば、
真田の出丸は東西二つの郭からなっている、そのうち東側の郭は東南部を水堀で囲まれ、堀の内側は塀を建てつらねた本格的な構えを示している。惣構の南空堀を土橋でまたいで北門があり城内と通じている。一方、西側の郭は南面を半月状に頑丈な柵で固めているように見える。あるいは棚で固めた塹壕を表している。この一画は東側一画と一つの門で通じ、さらに外部への出入口として略式の冠木門が一つ南に設けられている。冬の陣では、この真田丸に真田幸村以下三千人余りの将兵が守備につき東軍の攻撃を撃退した。
心眼寺(城跡碑がある場所)
所在地 大阪市天王寺区餌差町2-22
交通 JR大阪環状線・玉造駅下車徒歩約7分
三光神社(真田幸村銅像・抜穴)
所在地 大阪市天王寺区玉造本町14-90
交通 同上・玉造駅下車徒歩約4分
メニューに戻る