鳥取砂丘:らっきょうの花

2008年11月10日、鳥取砂丘に隣接する「らっきょう畑」で、らっきょうの花が見られるとの報で行ってきました。
 訪れるのが少し遅かったのか、広い畑を見渡しても花は少なく、あちこち探し回って何ヶ所かまとまって咲くブロックを見つけましたが、花は少し傷みかけていました。
「らっきょう」はネギのような中空の葉でなく、ニラを細くしたような平たい葉で、その葉の数だけ地中にらっきょうが存在するそうです(作業中の地元のおばあさんの話)。そして葉の真ん中から花茎が一本立ち上がっています。、 
その花茎の先端から小さな花が放射状に付き、タンポポの綿帽子のような格好で咲いています。
毎年、11月の初め頃には「らっきょうの花フェア」が開かれるそうで、今年は11月16日(日)まで開催中とのことですが、この日は天候がすぐれず、時々雨が降る状況でしたので、ひっそりとしていました。
撮影 2008年11月10日
本来、地図を表示したかったのですが、砂漠・畑の道など地図には表示されず、自分自身が道に迷ってしまって、どこをどう歩いたのか分かりません。
砂丘から「らっきょう」畑へは、かなりの距離があり(徒歩で1時間以上)、道も分かり辛いですので、事前によく調べたうえで、お出かけください。

メニューに戻る