万博公園桜まつり2006

メニューに戻る
2006年の「万博公園桜まつり」は3月25日(土)
「夜桜と仕掛花火のファンタジックショー」で華やかに開幕しました。
しかし、肝心の桜が咲いていません。花の無い木が、むなしくライトに浮かび上がっていました。
その後も寒さがぶり返したりで、なかなか開花が進みませんでしたが、4月3日(月)に訪れてみると、午前中は1〜2分咲きと思われたのが午後には3〜4分咲きとなり、早くもシートを広げて宴会をするグループも現われていました。



そしてその後、気温の上昇と共に開花が進み、4月6日(木)に満開が発表されました。

4月7日(金)に駆けつけたところ、正に満開。
午後から大変な人出となり、のべつ迷子の園内放送が鳴り響いておりました。
万博公園には、ソメイヨシノなど9種類約5500本の桜があり、華やかな桜並木がみられます。大きく枝を広げた桜は、太陽の塔との美しいコントラストを見せています。
西大路の東側にある枝垂れ桜は、万国博覧会10周年を記念して昭和55(1980)年4月に植樹されたものです。
桜の流れの北側は、広大なヤマザクラの林となっています。
日本庭園:梅林の北側に大きな桜の植込みがあり、白いユキヤナギとのコントラストが美しい
 4月9日(日)に「万博公園桜まつり」は幕を閉じましたが、4月14日(金)「万国博覧会10周年記念:枝垂れ桜」の近くに咲く「紅枝垂れ」↓が満開となっておりました。  −終−

メニューに戻る