万博公園花情報
 
2020年9月22日
 
 
自然文化園
パンパスグラス

(夏の花八景)


銀白色大きな羽毛状の花穂をつける。
アベリア

(世界の森:北側通路脇)


6月頃から咲き始め、現在も沢山の花をつけています。
モミジ

(水車茶屋の池)


徐々に色づいてきています。
万博公園で一番に紅葉するモミジの木

(茶畑の西側)


一部が、かなり赤くなりました。
メタセコイア

(もみの池)


葉が、かなり黄色くなってきました。
ヒガンバナ

(生産の森)


きれいなのが、少し残っていました。
コスモス

(花の丘)


コスモスが徐々に背を伸ばし、ちらほらと開花がみられるようになりました。
コスモス

(花の丘)
もみじの滝

滝前のモミジが少し色づいてきています。
ハギ

(万葉の里)


ハギの花が沢山咲いてきています。
ヒガンバナ

(西大路:つばきの森付近)


かなり少なくなりました。
ヒガンバナ(白)

(西大路:赤色の花より西の対面)


ここは、咲き始めです。
ノックアウト

(平和のバラ園)


バラの開花数は少ないです。
熱帯スイレン

(平和のバラ園内の水槽)
ここからは日本庭園です
中央休憩所より築山方面を望む。

手前の「クロマツ」は、福岡県久留米市から移植された「名木」だそうです。
中央休憩所:西側の景観


木々が色づいてきています。
茶室入口モミジ


部分的に少し色付いてきています。
ヤマブキ

(竹林:中央付近)


一輪のみ開花していました。
ピンクのヒガンバナ系

(竹林)
木漏れ日の滝付近
ヤブラン

(松の州浜:北側斜面)


小さな花が満開です。
サルスベリ

(つつじヶ丘:北側)


この時期、サルスベリの花が、けっこう咲いています。
サルスベリ

(つつじヶ丘:南側)
ザクロ

(花しょうぶ田:通路脇)
2020年9月22日
     
2020年9月15日 戻る