万博公園花情報
 
 
2020年3月5日
 
 
自然文化園
オタフクナンテン

(EXPO’70パビリオン横)

緑・赤・黄の葉が混じりあってきれいです。

後ろの花は桜ではありません。
サンシュユ

(世界の森)


黄色い花が満開です。
ナノハナ

(世界の森)


終わりが近付いています。
梅林

遅咲き種の豊後(ぶんご)なども、ピークが過ぎ、終わりが近付いています。今年は開花が早かったので、仕方ないでしょう。
春日野(かすがの)
楊貴妃(ようきひ)
見驚(けんきょう)
「万博公園:梅まつり」は、3月15日(日)迄です(水曜日は休園です)。

今年の観梅は間もなく終了かと思われます。
ミツマタ(花)

(水車茶屋)


黄色い花が見えてきています。
ネコヤナギ

(観察の森)


穂の間から、赤い小さな花の「つぼみ」が、たくさん顔を出しました。
ポピー

(花の丘)


.開花が進んでいます。
春曙光

(つばきの森)
月影(つきかげ)

(つばきの森)
カンヒザクラ

(春の泉)


万博公園での、桜の開花一番乗りです。
カンヒサクラ(UP)

(春の泉)
ここからは日本庭園です
ロウバイ

(正門入って東側)


けっこう咲き続けています。
中央休憩所からの展望
乙女つばき

入口から左側の自然文化園側通路には、つばきが多く植えられています。
梅林・東側斜面


こちらは、まだ見頃かな?
乙女の袖(おとめのそで)


(梅林・東側斜面)
梅林・千里庵側
ボケ

(梅林・北側)


赤い花が沢山咲いています。


(茶室・玄関前)


満開です。


マンサク
マンリョウ

(深山の泉付近))


鈴なりだった赤い実は、すべて無くなりました。
アセビ

(滝付近)


小さな壷の集合体の様です。
モクレン(つぼみ)

(心字池・北側)


開花時期を待っています。
ヒイラギナンテン

(心字池:石橋付近)


葉が様々な色に紅葉しています。
こい池

長い間、水が抜かれていた池に、給水が始まったようです。
青空になびく柳の枝

(こい池周辺)
2020年3月5日
     
2020年2月27日 戻る 2020年3月12日