万博公園花情報
 
 
2020年2月27日
 
 
自然文化園
ナノハナ

(世界の森)


長期間、咲いていましたが、終わりが近づいています。
サンシュユ

(世界の森)


満開状態です。
梅林

遅咲きの豊後(ぶんご)などが咲いてきましたが、早咲き種が終了して、ピークが過ぎた感じがします。
豊後(ぶんご)


ちょっと花が少なく感じます。
豊後(ぶんご)


花のUPです。
楊貴妃(ようきひ)
楠玉(くすだま)
八重唐梅(やえとうばい)


「万博公園:梅まつり」は、3月15日(日)まで開催中です(水曜日は休園です)。

今年の梅は、終了が速そうです。
ネコヤナギ

(観察の森)


穂の間から、赤い小さな花の「つぼみ」が顔を出しています。
ポピー

(花の丘)


.開花数が、かなり増えてきました。
ポピー

花のUP
岩住(いわずみ)

(つばきの森)
式部(しきぶ)


(つばきの森)
乙女椿(おとめつばき)

(つばきの森)


寒い時期には、花がつきませんでしたが、少し暖かくなって、また花が咲き始めました。
平和のバラ園


全ての株の剪定が実施され、花は一輪もありません。
ここからは日本庭園です
ロウバイ

(正門入って東側)


西側にもあります。
中央休憩所からの展望


手前のサザンカが、大分散りました。
つばき

入口から左側のバラ園側通路には、つばきが多く植えられています。この花には名札が付いていませんが、乙女椿のようです。
日本庭園:梅林


こちらは、楊貴妃の花木が多く、見頃が続いています。
楊貴妃(ようきひ)&メジロ
鄙の都(ひなのみやこ)
アセビ

(滝付近)


小さな壷が垂れ下がる。
ナンテン

(竹林)


赤い実が少なくなりました。
モクレン

(築山の麓)


春の訪れを待っています。
アオサギ

(はす池)


心字池から主張中。
2020年2月27日
     
2020年2月20日 戻る 2020年3月5日