万博公園花情報
 
 
2020年2月20日
 
 
自然文化園
ナノハナ

(世界の森)


長期間、咲いています。
サンシュユ

(世界の森)


間もなく、ちじれた花弁が開きます。
太陽の広場花壇


アイスチューリップは抜かれ、パンジーに代わっていました。
梅林

もう、ほとんどの品種が開花しています。豊後(ぶんご)・楊貴妃などの遅咲き種も開花が始まり梅林は華やかになっています。しかし、早咲き種の花枯れが始まっています。

今年は、早めにお出かけください。
太陽の塔梅林
豊後(ぶんご)


遅咲き種で、まだ「つぼみ」が多いです。
夜光玉(やこうぎょく)
見驚(けんきょう)
メジロも姿を見せてくれました


「万博公園:梅まつり」は、3月15日(日)まで開催中です(水曜日は休園です)。
ネコヤナギ

(観察の森)


穂の間から、赤い小さな花の「つぼみ」が顔を出しています。
ポピー

(花の丘)


.花畑に赤いネットが張られ。花がパラパラと咲いてきています。
ウグイスカグラ

(展望タワー付近)


小さな花が2輪のみ咲いていました。
絞笑顔(しぼりえがお)

(つばきの森)


「ハルサザンカ」だそうです。
黄スイセン


「つばきの森」で咲いています。
月光(げっこう)

(つばきの森)


変わった「つばき」の花です。
モクレン(つぼみ)

(西大路:北側終端)


モクレンのつぼみが、かなり膨らんできています。
ここからは日本庭園です
ロウバイ

(正門入って東側)
中央休憩所からの展望
日本庭園:梅林


こちらも見頃となています。
楊貴妃(ようきひ)


こちらの梅林には「楊貴妃」が多く植わります。
春日野(かすがの)
不老園緋梅(ふろうえんひばい)


東側斜面で咲く。
マンサク

(茶室前)


満開です。
ヤナギ(蔓)

(はす池)
つばき

(はす池:東側)
2020年2月20日
     
2020年2月13日 戻る 2020年2月27日