万博公園花情報
 
 
2020年2月13日
 
 
自然文化園
ナノハナ

(世界の森)


まだまだ、きれいです。
サンシュユ

(世界の森)


2月というのに、すでに開花していました。
アイスチューリップ

(太陽の広場)


ピークは過ぎたような感じです。
梅林

(梅林の西端部)
東屋横の「紅枝垂れ

(梅林)


今年は暖冬のためか? 梅の開花が早まっているようです。
この梅が見頃の時が、梅林全体の見頃時期と重なるため、まもなく「見頃」が発表されるのでは・・・・・
梅林

(東屋の北側)
新平家(しんへいけ)

(梅林)


珍しい品種かと思います。
八朔(はっさく)

(梅林)


果物の名が付く梅の花だす。
玉垣枝垂(たまがきしだれ)

(梅林)


なお「万博公園:梅まつり」は、2月15日(土)〜3月15日(日)の日程で開催されます。
ネコヤナギ

(観察の森)


穂の間から、赤い小さな花の「つぼみ」が顔を出しました。
ポピー

(花の丘)


.花畑に赤いネットが張られ。小さな花がチラホラと咲いてきています。。
ヒメオドリコソウ

(花の丘・雑草域)


踊り子が、うちわを両手に持って、踊っているようです。
ヒメは小さいという意味だそうです。
虹玉(こうぎょく)

(つばきの森)
弓場絞(ゆんばしぼり)

(つばきの森)
桃割れ(ももわれ)

(つばきの森)


変わった「つばき」の花です。
ガーデン オブ ローぜズ

(平和のバラ園)


バラは年中咲いているようです。
ここからは日本庭園です
ロウバイ

(正門入って東側)
中央休憩所からの展望

手前の(サザンカ)が目立ちます。
楊貴妃(ようきひ)

(日本庭園:梅林)


遅咲種の梅が、もう見頃です。
小輪鈴鹿(しょうりんすずか)

(日本庭園・梅林)
春日野(かすがの)

(日本庭園・梅林)


一寸珍しい品種かな?
白加賀(しろかが)

(日本庭園・梅林)


こちらも見頃です。
アセビ(つぼみ)

(日本庭園:滝付近)


壷形の小さな花が可愛いです。
ボケ

(築山:上方の通路脇)


まだ、ほとんどが「つぼみ」です。
ボケ

(築山:上方の通路脇)


少ないですが、白いボケの花も存在します。
マンサク

(心字池:石橋付近)


ここは、すでに満咲くです。
アオサギ

(はす池)


本日は、「アオサギ」がエサ探しをしてていました。
2020年2月13日
     
2020年2月6日 戻る 2020年2月20日