万博公園花情報
 
 
2020年1月24日
 
 
自然文化園
パンパスグラス

(夏の花八景)
ナノハナ?

(世界の森)


満開です。
アイスチューリップ

(太陽の広場)


チューリップの球根を特殊な方法で冷蔵処理し、外気温との温度差により冬を疑似体験させて、真冬に満開となるそうです。
大盃(おおさかずき)

(梅林)


梅林の西側は、一番早くに咲きだします

その他の白梅の開花は、「冬至」・「玉牡丹」・「小梅」・「叡山白」・「香篆(こうてん)」・「初雁」など。
八重千鳥(やえちどり

(梅林)


その他の紅梅の開花は、「八重寒紅」・「一重寒梅」・「大盃」
等を確認しました。
冬至(とうじ)

(梅林)


かなり咲いてきています。
叡山白(えいざんぱく)

(梅林)


その他の白梅の開花は「白滝枝垂」・「玉牡丹」・「香篆(こうてん)」・「初雁」・「桃山」などを確認しました。


なお「万博公園:梅まつり」は2月15日(土)〜3月15日(日)の日程で開催されます。
ネコヤナギ

(観察の森)


赤いコートを脱いで毛皮のコートに着替え中です。
ポピー

(花の丘)


大量の「ポピー」が植えつけられています。
つばきの森


サザンカが、かなり咲き、つばきも咲いてきています。
虹玉(こうぎょく)

(つばきの森)


きれいな椿の花も咲きだしています。
朝倉(あさくら)

(つばきの森)


「サザンカ」とのこと。
笑顔

(つばきの森)


「サザンカ」です。
クチナシ(実)

モミジ川(左岸)


クチナシの実(種子)です。
ジュウガツザクラ

(水すましの池:北側)


間もなく咲きとまり、桜の咲く時期に、又咲きだします。
オタフクナンテン

(水の広場横の花壇))


真赤な葉に混じって黄色い葉が見られます。
ここからは日本庭園です
中央休憩所からの展望

手前の赤い花(サザンカ?)が、かなり咲いてきました。
ロウバイ

(正門入って西側)


複数の開花が見られます。
八重寒紅(やえかんこう)

(日本庭園・梅林)


こちらの梅林でも紅梅が咲きだしています。
大盃

(日本庭園・梅林)
初雁(はつかり)

(日本庭園・梅林)


今年も一番に咲きだしていました。
サザンカ

(梅林・南側一般通路脇)


沢山の花をつけています。
ナンテン

(竹林)


竹藪で赤い実が目立ちます。
ボケ

(築山・上方通路脇)


白と赤の絞の花が見られます。
マンサク

(心字池:石橋付近))


早春の花が咲き始めました。
サザンカ落花弁

(こい池の南側一般通路脇)
水の無い蓮池

(はす池)


蓮が邪魔をしないようにコンクリートで囲われた「スイレン」の咲く場所。奥にアオサギがいます。
2020年1月24日
2020年1月16日 戻る 2020年1月28日