万博公園花情報
 
 
2020年1月16日
 
 
自然文化園
ハツユキカズラ

(夏の花八景)


白・緑・ピンクの三色がきれい。
ナノハナ?

(世界の森)


満開です。
アイスチューリップ

(太陽の広場)


チューリップの球根を特殊な方法で冷蔵処理し、外気温との温度差により冬を疑似体験させて、真冬に満開となる。
白加賀

(梅林)


梅林の西側での開花品種が増えてきています。

その他の白梅の開花は、「冬至」・「玉牡丹」・「小梅」・「叡山白」・「香篆(こうてん)」・「初雁」など。
鹿児島紅

(梅林)


その他の紅梅の開花は、「八重寒紅」・「一重寒梅」・「大盃」
等を確認しました。
ネコヤナギ

(観察の森)


赤いコートを羽織った新芽が鈴なりです。
ポピー

(花の丘)


ポピーの苗花壇が広がっています。
つばきの森


サザンカが、かなり咲いてきています・
土佐有楽(とさうらく)

(つばきの森)


小さな花です。
御美衣(おみごろも)

(つばきの森)


かたまって咲いています。
峰の雪

(つばきの森)


大形の花です。
お多福ナンテン

(水すましの池:西側)


真冬に葉が真っ赤になります。
ジュウガツザクラ

(水すましの池:北側)


10月末頃から咲いています。
カバ(像)

(平和のバラ園内の水槽)


知らぬ間に「カバ」が住み着いています。
ここからは日本庭園です
ヒイラギナンテン

(正門入って右側)


真冬の紅葉。
中央休憩所からの展望
ロウバイ

(正門入って西側)


複数の開花が見られます。
初雁(はつかり)

(日本庭園・梅林)


この品種のみ開花が見られます。
モチツツジ

(梅林)


なぜか、この時期に、紅葉と花が見られます。
ドウダンツツジ

(深山の泉付近)


沢山のつぼみが見られます。
ボケ

(築山の上方通路脇)


例年に比して、花数が少ないです。
シダレエゴノキ

(こい池の南側通路)


小さな花が一輪のみ、ぶら下がっていました。
アオサギ

(はす池)


水のない「ハス池」で、何を狙っているのかな?
旧水生花壇

(はす池の東側)


旧水生花壇は、土を入れられて「花しょうぶ」が植えれています。水生花壇は東南端の一か所のみ、残されています。
2020年1月16日
2020年1月9日 戻る 2020年1月24日