万博公園花情報
 
 
2019年5月2日
 
 
自然文化園
ルピナス

(世界の森:ルピナス花壇)


今年は「ルピナス」を見られないかと思っていましたが、少しですが「ルピナス」花壇が設けられています。そして、少しですが、咲き始めています。

ポピーは、咲き終わった花ガラが、かなり目立つようになりました。
チューリップ

(チューリップの花園:高台から見下ろす)


チューリップは終了です。遠目には綺麗に見えていても、近づいてみると、がっかりします。
モチツツジ

(自然観察学習館前)


モチツツジが、咲きはじめています。
シャガ

(渡りの沼))


花の数が、少なくなってきています。
ナンジャモンジャの木(花)

(観察の森)


「リンゴ」や「ナシ」などの木が植わる所の北西奥で咲く。大木ですので、遠くから発見出来ます。
タチツボスミレ

(万葉の里))


万葉の里は、花は現在何も咲いておらず、この花だけが(少し形が悪いですが)咲いていました。
春の台(はるのうてな)

(椿の森)


椿の花も終了間近で、きれいな開花品種はかなり少なくなっています。
ツツジ

(ひょうたん池)


後ろの「ヒラドツツジ」も咲き初めています。
ツツジ

(松の池)


池の左側には、白いツツジも咲き出しています。
シチダンカ

(アジサイの森)


アジサイの様子をみてきましたが、シチダンカに蕾が見られます。
白藤

(平和のバラ園)


藤棚に絡む前に、藤棚の横で咲いていました。
野田藤

(平和のバラ園・月の世界の近く)


野田藤が藤棚の隅っこで垂れて咲いています。

バラの花は5月中旬ころから、見頃となるそうです。
ここからは日本庭園です
ツツジシラン

(日本庭園:休憩所からの展望)


やっと咲いた花が、目に留まるようになりました。
藤棚

(松の州浜の南側)


かなりの数の花房が垂れています。
モチツツジ

(茶室付近)


ミツバツツジが終わり、このツツジが咲き出しています。
ヒラドツツジ

(茶室付近)


おなじみのツツジも咲いてきています。
シラン

(深山の泉・北端)


沢山咲いてきています。
コデマリ桜の落花弁

(州浜の北側)


白いコデマリの花の周囲は、ピンクの里桜の花弁でいっぱいです。
里桜

(州浜の北側)


里桜は、早くも終了していましたが、少しだけ花が残る枝がありました。
ツツジ

(築山の南側)


平戸ツツジが咲く。
つつじヶ丘


ツツジヶ丘の場所は、はす池の西側通路を北に進み、突当たりの石段を上り西に少し進んだ所にあります。ここに関しては、毎年特別な催しは行われておりませんが、すごくきれいですので、一見の価値ありです。
常夏(とこなつ)

(つつじヶ丘)


クルメツツジの園芸品種だそうです。
(つつじヶ丘)


本日は、見物人が多数訪れていました。
藤棚

(はす池の最北端通路:高台)


3年前位に出来亜た藤棚です。
藤棚2

つつじヶ丘への道を東に行けば、この藤棚に行き着きます。
つつじ

(水生花壇の北側斜面・階段横)


ここの「ツツジ」毎年きれいに咲きます。
2019年5月2日
2019年4月25日 戻る 2019年5月9日