万博公園花情報
 
 
2019年4月25日
 
 
自然文化園
 
チュ-リップフェスタは、2019年4月13日(土)〜4月30日(火・祝日)迄開催中。6月4日迄無休。

 
ポピー

(世界の森:ルピナス花壇)


満開です。

(花の丘が工事中だったため、ポピーをここに植えたようです)
ルピナス

(世界の森:ルピナス花壇)


今年は「ルピナス」を見られないかと思っていましたが、少しですが「ルピナス」花壇が設けられています。そして、少しですが、咲き始めています。
チューリップ

(チューリップの花園:高台から見下ろす)


満開状態は過ぎた感じです。
チューリップの花園


まだ、見頃の品種もあります。


「チューリップフェスタ」は、4月13日(土)〜30日(火・祝)にかけて開催されています。
ハナイカダ

(自然観察学習館:建物の西側)


葉の表面に咲く花が開花していましたが、緑色であり、花かガクかの区別がつきません。
シャガ

(渡りの沼)

シャガの花数が増して、きれいな花が目に付くようになりました。
リンゴ(花)

(観察の森)


真っ白な花です。
月の輪(つきのわ)

(つばきの森)


「月の輪」と言っても、熊ではありません。
白羽衣(しろはごろも)

(つばきの森)


椿の花も開花木が少なくなり、間もなく終了します。
ツツジ

(ひょうたん池)


池に映るツツジ(小さな花の品種)。
ツツジ

(松の池)


真赤なツツジが列をなしています。
八重桜

(春の泉付近))


八重桜はボリュームがあって、見ごたえがあります。
ハナミズキ

(日本庭園ゲート前)


ゲート前に「ハナミズキ」の木が5〜6本あります。
藤の花

(平和のバラ園)


平和のバラ園に設けられた「藤棚」に、絡ませる藤の木が藤棚の横で咲いています。
藤の花

(平和のバラ園)


こんな赤っぽい藤の花も咲いていました。この藤棚には、さまざまな藤の花が、ぶら下がるようです。
ここからは日本庭園です
ツツジ椿

(日本庭園:休憩所から東側の展望)
藤棚

(松の州浜の南側)


気が付けば、藤の花が花房を伸ばしはじめています。
藤棚(UP)
竹林に咲くシャガ

(竹林:東端あたり)


シャガがシャガシャガ咲いています。
イカリソウ

(上の竹林の前:北側)


小さな花で、見過ごしてしまいそうですが、舟のイカリに似た花が、この時期のみ見られます。
ヤマブキ

(茶室:南側斜面付近))


八重咲のヤマブキの花です。
タケノコ

(竹林)


竹の子の周りに、段ボール状のものが巻かれていますが、竹の子が、小さい時期にカラスがつつくようで、今年から設けられました。
ドウダンツツジ

(深山の泉付近)


柿には紅葉が見られるドウダンツツジは、樹形が美しい。
シラン

(深山の泉・北側)


シラン間に咲いていました。
里桜(里桜)

(州浜の北側)


八重咲の桜で。以前は立派な木が立ち並んで、すごく綺麗だったのですが、木の老朽化が進んだのか、何かみすぼらしく感じます。
里桜(UP)
つつじヶ丘


ツツジヶ丘の場所は、はす池の西側通路を北に進み、突当たりの石段を上り西に少し進んだ所にあります。ここに関しては、毎年特別な催しは行われておりませんが、すごくきれいですので、一見の価値ありです。
つつじヶ丘2
つつじヶ丘3
藤棚

(はす池の最北端通路:高台)


3年前位に出来た藤棚に花が垂れる用意ができたようです。まもなく見頃を迎えます。
2019年4月25日
2019年4月17日 戻る 2019年5月2日